PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

奇跡

I Wish

I Wish
2011年

是枝裕和監督・脚本

大迫航一 、、、前田航基
木南龍之介 -、、、前田旺志郎
福本佑(航一のクラスメイト) 、、、林凌雅
太田真(航一のクラスメイト) 、、、永吉星之介
有吉恵美(龍之介のクラスメイト) 、、、 内田伽羅
早見かんな(龍之介のクラスメイト) 、、、橋本環奈
磯邊蓮登(龍之介のクラスメイト) 、、、磯邊蓮登
平祐奈(龍之介のクラスメイト) 、、、平祐奈
木南健次(航一・龍之介の父) 、、、オダギリジョー
有吉恭子(恵美の母) 、、、夏川結衣
坂上守(航一の学校の先生) 、、、阿部寛
三村幸知(航一の学校の先生) 、、、長澤まさみ
山本亘(周吉の幼なじみ) 、、、原田芳雄
大迫のぞみ(航一・龍之介の母) 、、、大塚寧々
大迫秀子(のぞみの母) 、、、樹木希林
大迫周吉(のぞみの父) 、、、橋爪功
高橋長英、りりィ、田山涼成、入江雅人、中村ゆり、松浪志保

ひとり入れてしまうと、入れないわけにいかなくなってしまった。
話題性のある出演者も多い。
新人子役から渋いベテランまで。

台風一過、でもまだ雨が油断できないということで、、、家の中で娘たちと過ごすことに、、、。
たまたま、TV録画で見てしまった映画だ。

「九州新幹線の一番列車がすれ違う時、奇跡が起こる。」という九州新幹線 (鹿児島ルート) の全線開通を印象付けるコピーを元に九州旅客鉄道(JR九州)とジェイアール東日本企画の企画により製作された企画物映画。
子役がたくさん出ている。

企画物のPVっぽさはほとんどなく、子役のわざとらしさや稚拙さも感じられなかった。
その点では、助かった。

イギリス向けの”I Wish”は、ピッタリだと思う。
そういう内容だ。

両親が離婚したことで鹿児島県と福岡県で離ればなれに暮らす小学校6年生の航一と4年生の龍之介がいつかまた一緒に暮らしたいという「願い」を叶えるため「九州新幹線の一番列車がすれ違う」現場にわざわざ学校をサボって出向くお話。
この時期の子供は、何か変な物に願をかけたりするのが好きだ。
(鉄道好きな子供たちから突然立ち現れた一種の都市伝説のような噂か)。

それまでの何と言うか、日常の会話やつぶやきのやりとりやすれ違いなどが軽妙に描かれる。
主役の兄弟のズレが最後まで続き動きを持たせている。
また、何ということのない日常生活の所作の面白さがしっかりカメラに拾われている。
ストーリー展開よりも監督はこの辺の機微に焦点を当てたかったのかと思われるのだが。

子供は遊び盛りで、何とか理由をつけて授業をサボりたい普通の少年たちである。
端からどれだけ家族で一緒に住むこととかを夢に見ていたか、、、
それよりも、大義を旗印に、お友達と旅をしてみたい、冒険したいというお年頃である。
それでよいと思う。
電車には乗りたいし(その企画だし)、駅弁も楽しみだ。

火山が噴火すればきっと、みんなで一緒に住めるという飛躍というか短絡はやはりこの時期特有のファンタジーで面白い。
他の友達はそれで死んだらどうすんだ、と問うが何とか逃げ延びてくれ、と返すところが笑える。
こんな調子でずっと行ってしまう。

恵美が彼ら少年集団の宿泊場所を確保してしまうところは、まさに「奇跡」である。
普通に考えれば、あれだけ無計画な旅であることからして、何処かに野宿に落ち着くであろうか。
彼らを泊める条件を全て備えた高橋長英、りりィ老夫婦の家に偶然泊めてもらう事でもう、恐らく彼らの運は全て使い果たしたと思われるのだが、、、。
泊めてもらえるだけでもありがたいのに、馬刺しはあるかと、ねだる子供も如何にもそれらしい。
美味しい料理を振舞われて、まるで修学旅行のような楽しい一夜を過ごして、翌朝願いを叶えに発つのだが、かんなが老夫妻に何か叶えて欲しい願い事ある?と聞くところなど、ちょっと面白い部分が幾つもある。
航一の大人ぶった「インディーズ」の解釈とか、、、「もうひといきってこったな」。
(龍之介と同居中の父親がバンドを組んでインディーズレーベルからCDを出している)。

この映画はそんなちょっと面白いズレで流れてゆく。
そしていつもの日常生活より少しばかり活き活きとしたちょっと脱線した旅で、少年たちが一回り強くなる。
それが淡々と描かれているところが、最後まで寄り添えたところだ。
(わたしは子供が主人公の映画は途中で放り出すことが多い)。


ほっと出来る映画である。



橋本環奈の小学生時代の姿が見られるが、ごく普通の少女である。
しかし、彼女こそ「千年にひとりの美少女」とか言われているそのひとである。
別に文句はないのだが、、、。
わたしは、千年にひとりと聞き、直ぐに生田絵梨香のことだ、と早とちり?をしてしまった。
それなら、納得できるのだが。


娘ふたりは、途中で隣の部屋に逃げ、「セーラームーン」を見ていた、、、。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック