PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

孤独

sun001.jpg

極、私的な話で、少し詩的なものでもある。

完全に独りになることは難しい。
だが、そんな時間は一日に必ずいっときはもちたい。
それがないと、多分発狂に気づかないでいる危険性もある。

独りで部屋に閉じ籠っていても、一向に様々な想念(雑念)が押し寄せてきて、独りになれないことも少なくない。
寧ろ、子供の世話などで独りになる時間が取れずに困ることより、この状況に苛立つケースの方が多い。

こんな時、わたしはドイツの詩人を詠む事にしている。
いくつ目かの詩で思い切り浸り込むと、孤独に目が覚めることがある。
何と言いうか、ようやく独りになれたという静謐さに着地している。(いや浮遊していてもよいのだが)。

詩人は、パウル・ツェランやトラークル、リルケもよい。
哲学書を一日の喧騒が去った後で、ちょっと読もうとしても、歪んだ熱気が身体に潜んでいてすんなりそのモードに切り替わらないことがある。
そんな時にも、、、。
わたしの場合、日本の詩人では、岩成達也や平出隆もよいのだが、フランス詩人で丁度よい人は見つかっていない。(イヴ・ボンヌフォアを読んでいた時期もあるがもうやめた)。
ともかく白昼の時間に、自分にまとはりついた邪念を追い払ってくれる錯乱した呪文があればよいのだ。

できれば、絶望の漆黒の夜空に儚い月がかかっているような情景を感じるものが、こころを清め沈静化してくれる。
あくまでも、わたしの場合、である(笑。

何にも邪魔されない孤独の時間―思考の場を生むのは、殊の他難しいものだ。
「器官なき身体」を生活の只中にもちこめないものか、、、


今夢想していること、、、。



関連記事

COMMENT

No title

こんにちは!

独りきりになる時間って、大切ですよね。でも、その『独りモード』に入っていくのが難しい時が、私も良くあります。

私の場合は、音楽を聴いたり、本を読んだりして『独りモード』に入る事が多いですが、うまくいかないと、イライラしてしまったり、ものすごく心の調子が優れなくなる時もしょっちゅうです。

皆でワイワイするのも好きなのですが、独りになる時間もとても大切。。。うまくオンオフを切り替えられるように、努力の真っ最中です。なかなか苦戦しておりますが(苦笑)

ありがとうございます☆


> 独りきりになる時間って、大切ですよね。でも、その『独りモード』に入っていくのが難しい時が、私も良くあります。
>うまくいかないと、イライラしてしまったり、ものすごく心の調子が優れなくなる時もしょっちゅうです。
>
この点において、わたしは絶不調が続いておりました。
誰かに会う用が続いて、ではなく自分の中に常にネガティブな像が幽霊のように揺らぎ登ってきて、散々でした。
清められたい。
わたしの場合、それとほぼ同義です。
ビョークの音が大変効くことも気がつきました。
今日のことです。

どんな局面においても、孤独ははっきりキープすべきものだと考えます。
ひとは、独りでは生きれないからこそ、どれほど独りが重要なものか。

また宜しくお願いします。
音探しにまたお邪魔させて頂きます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック