プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

スターシップ・トゥルーパーズ2

Starship Troopers 2 Hero of the Federation

Starship Troopers 2 Hero of the Federation
2003年
アメリカ
フィル・ティペット監督



暗い映画であった。画面が全体的にかなり暗かった。
低予算で作られたことは、キャストからもよく分かる映画であるが、低予算でも傑作はいくつもある。
監督のビジョンとコンセプト・アイデアしだいで、どのようにもなるはず。
2においては、閉塞空間における、バグの動きに重点がかかった絵作りである。
バグをたたきつぶしたらそこから元気な子バグがたくさん出てきて怯える隊員の口に入り込んで寄生してゆく。
殺した隊員の脳みそからバグが飛び出てきたり、電子レンジでグチャッとはじけたり、、、。
VFXはほとんど体内に取り憑くバグの見せ方に賭けている。
その分、大きなバグに隊員たちが次々に八つ裂きにされてゆくシーンは前回より少なめであった。
勿論、夥しいバグは出ては来るが。

狭い空間内にとどめたことはよいが、スケールダウンしていることは否めない。
限られた場所で見えない(実体を隠した)バグに戦々恐々とする隊員たちの緊張感溢れる姿とスリリングな攻防戦を描ききれば、密度の濃い傑作にはいくらでもなるはず。
前作ほどのインパクトを全く感じないのは何故か、、、。
バグのVFXのこだわりに対し、他はあっさりしていた。と言うより何か抜け落ちている。
バグに乗り移られた隊員がこれまでの意識を引き継ぎ、思考・会話できているのだが、ブレインバグでもあるまいに、あのレベルのバグにそれほど高度な操作ができるのか、、、。

これは、明らかに違和感があり、例えば戦意喪失とか凶暴化するとか廃人になるなどなら分かるが、人格操作となると別次元であろう。意識がバグの中枢部のものになっている。彼らが単なるその受信操作装置だとしても、やはり考えにくい。しかも沢山のバグが入って組織的なネットワークで操っているとしたらこれまた途方もなさ過ぎである。入りすぎては、身体の動き自体がままならぬはずであるし見かけから大きく変態してしまうだろう。
無理があると、話に乗れない。
このへんのオカルティックな成り行きが、薄っぺらさ安易さを呼んでいる。
SFであれば、そのコンテクスト内でのそれなりの説得力ある論理(科学)的な根拠が示されないとストーリーがしらけてしまう。
ホラーとするならば、前作との流れが完全に断ち切れることになる。
これはホラー映画か?
すると、大変薄いホラーであり、あまり怖くない。(ホラー苦手なわたしでさえも)。

しかも乗り移った上官にペラペラと人間的な人間中心主義批判を述べさせる。
これは地球連邦軍が取り締まっている過激派の言説そのものではないか?
(まさか彼らとつるんでいるという分けではあるまい)。
双方とも全く譲らないにせよもはや、エイリアンとの戦いとは思えない。
言語による対話可能な相手にしてしまった事が、オカルト映画の悪魔との戦いさながら矮小化してしまった。
前作が余りに無慈悲な圧倒的他者であり、言語は愚か微塵もコミュニケーションの余地などない相手との戦いであったのに、その不気味極まりない分厚い恐怖そのものが失くなってしまった。

あのブレイン・バグが「怖がっている」と言って、唯一そこに救いを感じて発せられた彼らの歓声は何であったのか!?
その感性の緊張と想像性を絶やさなかった「スターシップ・トゥルーパーズ」からみると、これは、2とは言えまい。


つい忘れそうになったが、これは英雄譚でもあった。
つまり「スターシップ・トゥルーパーズ」からのひとつのエピソードという位置にあるのか。
しかし、正義感のある強い軍人であり、最後は自殺と取れる形で終わるが、彼を軍が英雄として祭り上げ入隊勧誘のCMに利用しようが、特にこれといったインパクトもない。
相変わらず地球連邦軍のお馬鹿さはギャグ的に継承しているが、もはやブラックジョークほどの効果もない。


「スターシップ・トゥルーパーズ」の続編とあらば、もう少し予算をくれというのが監督の本音であったかもしれぬが、それ以前に前作の基本コンセプトをよく観ておくべきだったのではないか?




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界