カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

シャーロック・ホームズ

Sherlock Holmes

Sherlock Holmes
2009年
イギリス・アメリカ
ガイ・リッチー監督

ロバート・ダウニー・Jr、、、シャーロック・ホームズ
ジュード・ロウ、、、ジョン・ワトソン
レイチェル・マクアダムス、、、アイリーン・アドラー
マーク・ストロング、、、ヘンリー・ブラックウッド卿

『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrがシャーロック・ホームズで、体育会系の私立探偵であり研究者である。
原作でも格闘技に通じているということだからこれは納得するとしても、負傷した退役軍人にしては、体力・健康とも申し分なく、喧嘩も滅法強いジョン・ワトソンはどうしたものか、、、ちょっと逸れている感じはする。
わたしにとってジュード・ロウは「ガタカ「イグジステンズ」の印象がともかく強い。(これは本来のジュード・ロウではないかも知れないが)。ここでは見た目は端正な紳士ではあるが、とんでもないファイターであった。

ブラックウッド卿のキャラクターは、『法の書』のアレイスター・クロウリーが元になっているそうだが、どう参考にされているのか判らなかった。まさか黒魔術を使うからなどというところで、アレイスターを参照したということはないと思うが。
ブラックウッド卿、相当な悪の黒幕という風貌を持ったオカルト臭たっぷりの男ではある。
しかし更にその上を行く、モリアーティ教授というのがいるらしい。
アイリーンを脅して操っていた男でもある。

その教授については、同時並行して影の如く存在しており、物語の最後にホームズが彼との対決を予告する形として強い印象を残す仕掛けである。これで続編が作られなかったら、映画ファンから間違いなく抗議が来るだろう。
しかし、彼が実際本ストーリーでは、最後に電波受信装置を盗む位の絡みであり、作品中に続編の広告を打ってる感じがした。
その為か、ブラックウッド卿の手強さとか怖さ、そして物語への集中が削がれていたことは確かだ。
ブラックウッド卿は最初現れた雰囲気からすると、それ程圧倒的な存在ではなかった。
オカルティックな演出と当時最高の科学を利用し、策を重ねて計画を実行してきたにしては、尻つぼみであっさりしすぎている。
普通はこの回においては、彼は最凶の存在として無敵の力を発揮し、何とかホームズ・ワトソン・アイリーンで辛くも打ち克つくらいにしないと、、、そもそもこの映画の意味がない。と言うか位置づけがよく分からないものだ。


何故かここでも研究室などに、動物がやたら出てくる。
ここのところそればかりが続いているような、、、。


全編アクションが多く、「フラッシュバック」が多用されていて、スピーディなテンポを強調する効果は感じた。
とは言え、アクションがここまで多いというのもどうだろう。
シャーロック・ホームズがあそこまで筋肉ムキムキというのも、、、。

ホームズの謎解きであるが、事前に謎を解いて解決するとか未然に防ぐと言うより、鋭い事後分析に思えるのだが。
それもあるところで、ドバっとまとめて分析を捲し立てる。
1件づつはやらないというか、点がある程度線となって一気にピンと来るのであろう。
ラフファイトの事前の作戦(イメージ戦)以外は、ほぼそうであったように思う。
その分派手なアクションや爆破や惨劇の場はふんだんに作れて楽しませることは出来る。
勿論、最後に待っていた議員の大虐殺は阻止した。(これが事後であったりしたらお話にならない)。
インディー・ジョーンズからすればサラッとしているが、なかなかの攻防は見せてくれた。
だが、どうも物語が薄味なのと、推理と言うか分析のための伏線はよいとしても、強敵の影が見え隠れしつつほぼ実質的な関わりを持たないため、今回のメインの悪役が際立たなくなってしまったのが残念なところだ。
折角、カリスマ的な魅力を漂わせるマーク・ストロングを使っていて、勿体無い。

ロバート・ダウニー・Jrは、こうした知的なラフファイターがはまり役になったと思う。
ジュード・ロウもワトソン像はともかくとして、存在感はタップリあった。
アイリーン・アドラーという役柄は、彼女の「本職」から言ってルパン三世の峰不二子ソックリで、ちょっとニンマリしてしまった。
レイチェル・マクアダムスはまさに主人公を翻弄する憎めない悪女に適役である。
それから、ワトソンは婚約者が出来て、ホームズとの距離をどのように置くのかどうかも作品のテーマとなっていた。
わたしは、あまり興味はひかれないが、ふたりが離れてしまっては映画も成り立つまい。
と、当然思ってしまう程度のことだのだが、、、。


何というか、普通に面白い映画であった。
モリアーティ教授は、最後の最後に突然出てきても(明かされても)よかったのでは、、、。
アイリーンもずっと黙っていて。(つまり、こちらには知らせずに)。
どうであろうか。




ガイ・リッチー監督、、、どこかで聞いたことがあると思ったらマドンナの元ご亭主で、MV畑から来た人と確認して、なるほどと思った。
作風ー絵作りが流暢でテンポがよく、そんな感じに思えた。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Movie
PC