プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

Indiana Jones and the Last Crusade

”Indiana Jones and the Last Crusade”
1989年
アメリカ
スティーヴン・スピルバーグ監督
ジョージ・ルーカス製作総指揮
ジョン・ウィリアムズ音楽

ハリソン・フォード
ショーン・コネリー、、、インディ・ジョーンズの父ヘンリー・ジョーンズ
リバー・フェニックス、、、若い頃のインディ
アリソン・ドゥーディ、、、女性考古学者エルザ・シュナイダー(ナチスと手を組んでいる)

インディ・ジョーンズは、イエス・キリストの聖杯を探しにヴェネツィアに向かう。
父がその探索隊の隊長であったが、姿を消してしまい、父の消息を探る旅でもあった。

最初は、軽くインディ・ジョーンズが何故今のようになったかをあのハンサムなリバー・フェニックスが若かりしインディージョーンズとして再現してくれる。短い尺に鮮やかにまとめられていた。
それを見れば、一応なるほどと、納得できることになる。
ムチを使っているのは、こんな理由だったのだ、、、。帽子も何とも言えない。
(動物が次から次へと出てくる、出てくる。シリーズ中最多ではないか?)
ここからやるとは思わなかったが、父子物語でもあり、ルーツから行こうというものだろう。

毎回、ボンドガール調の女性が出てくるが、この作品シリーズは、スピルバーグ版007というものか。
今回は、知的でドライな女性博士であり、聖杯を奪うためなら手段を選ばない。
ジョーンズ父子も手玉に取られ、ナチスとも手を組んでいる。
しかし学者であるためか「焚書運動」には生な感情を見せる。

ここでもからくり部屋はお約束で出てくるが、入れば必ず夥しい何かがウジャウジャしている、、、。
出来ればスキップしたいところでもある。
本作は、ねずみの大群がもう気持ち悪い。これまでで一番キツイかも。
どうしてもこの手のものを見せなければならないのか、、、。冒険だからなのか。
われわれがねずみを気持ち悪がるのは、当然だ。
地上の湿地帯を争った動物の最大のライバルだったからだ。
集合無意識にも当然暗いトラウマとして刻まれている。

父子関係はハリウッドのお家芸テーマでもあるが、ここでは結構ニンマリさせてくれる。
特に父に何か言いたいなら聞くから言ってみろ、とあらたまって言われ息子が詰まって何もないよ、と返すところは、リアルで共感持てた。
そんなものだろう、、、。わたしも父親と話なんてまともにした覚えがない。

この父子のユーモラスな珍道中で特に面白かった小ネタ?は、自分たちの乗っている飛行機の尾翼を撃ち壊したり、椅子に縛り付けられているのにライターを火が付いたまま絨毯に落としてしまったり、成り行きでヒトラーからサインをもらってちょっと感激してしまったり、こうもり傘で鳥を追い払うことで敵の戦闘機を撃墜したり、、、そしてミスをした時の相手へ(父から子へ)の伝え方がまたよかった。(邦画ではこの間ー余裕があまりない)。

しかし、よくここまでタフなラフファイトを繰り広げられるものだと、感心する。
今回は前回にもなかったボートチェイス、バイクチェイス、戦車での大格闘、飛行船からの飛行機での空中戦、、、
こりゃ、少なくとも考古学者ではない。冒険家でもない。格闘家でもない。
インディー・ジョーンズとしか言えまい。

最後の聖杯にアクセスする時の三つの謎解きには、ワクワクした。
しかもお父さんまで撃たれどうなってしまうかと、ちょっとハラハラした。
最後に、父親のライフワークで探り続けてきた聖杯を目の前に、父自ら息子を助けるためにもういいよということで、収める。
流石にギリギリまで楽しませてくれる究極のエンターテイメント映画であった。
脚本、演出、音響、カメラワーク・撮影全てが熟れていた。


滅多に見れないリバー・フェニックスを見ることができたのもお得感がある。
しかし惜しい人であった。


ショーン・コネリーがかつて自分の出た映画の中でもっとも気に入った役だと言っていたそうだが、かなりのお間抜けで深刻な危険を幾度も呼び込むドジを連発するそれまでにない役柄であったはずだが。
彼は実はこういうのに憧れていたのか?
コントというか、パパ!パパ!と息子がパパの仕業に仰天して叫ぶたびにバカボンのパパを連想するところであった。
Indiana Jones and the Last Crusade02


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp