プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

AirTime~めまい~を求めて

roler.jpg
夏休みは遊園地でローラーコースターいえジェットコースター!というご家庭も少なくないかと。
うちの親戚は富士急で乗って来たと。
かのリンドバーグもあの有名な(伝説の)ローラーコースター”サイクロン”に乗って、「飛行機よりもスリルがある!」と大絶賛だったようです。(飛行機が常にジェットコースター状態だったら搭乗員はもちませんが。)

まだまだうちでは無理ですが、乗れるころになるとしょっちゅう乗りたいとせがむようになるんでしょうね。
わたしはあのゆるゆる巻き上げられてからの大降下が苦手で、自ら乗りたいとは思ったことないですが。
ひとたび乗ってみると、やっぱりエアタイムが一番の醍醐味でしょうね。
その浮遊感を味わう際、息を吐くことで副交感神経を刺激し心身がリラックス出来るんだそうで。
つまり降りてきたときには、からだがも良くなっているそうです?!ほんとか?
とは言っても、ドドンパなど速度が172Kmです。エアランチで1.8秒で最高速度に達するロケットスタート。Fujiyamaの132Kmでも凄く速く感じ大変なものでしたが、からだに本当に良いものなのかどうか、その前にショックで気を失うヒトなどいないのかが心配になります。エアタイム以前のスリルがありすぎでは。
もしその副交感神経の刺激が有効性の高いものなら、過剰な怖さを抜いた医療装置を開発しても良いでしょうに。療養施設に設置し、乗っているのは皆、病いをかかえたヒトばかりというコースター。

ジェットコースターはここのところ、わたしは全く乗っていなかったのですが、かつてのガタガタヒトを横に激しく振るものから、ヒトを中心に置き、乗り心地のよいタイプに変わってきたそうです。それでもたっぷり、エアタイムはあるそうで。
いっそ夏に乗るなら水上コースターがピッタリではないでしょうか?これはきっと気持ち良さそうです。心身ともに。
いつか娘と乗ってみたいです。間違いなく大喜びでしょう。うちでもしょっちゅう高い所に登っては飛び降りて、母親に叱られる二重のスリルを味わって(楽しんで)いますから。

たびたびとりあげる(ブルトンと同じくらい?)対角線の科学の提唱者、ロジェ・カイヨワは、「遊びと人間」(講談社)で、遊びの体系的分類を行っています。その基本的範疇は、「競争」、「模擬」、[偶然」、「眩暈」です。うちの娘もこのすべてを日々体験していることにおいては正常と言えますか。
ローラーコースターはこのなかの「眩暈」に特化したもので、最初抵抗をもっていても、やってみると病みつきになるような根本動機をもっています。やはり本質的なものであるため廃れないのですね。リンドバーグの乗った”サイクロン”はいまだに稼働中で、根強い人気が衰えることないそうです。

最近では、ジェットコースターの技術が、環境・エコの要請から、省エネ交通手段として応用される見通しだそうです。例の初動における巻き上げ以降動力は不要で、惰性(慣性)で動く「エコライド」という乗り物が都市を市街を多分鉄道のような形式でしょうが、走ることになるようです。巻き上げの動力もソーラーを使えば、外部から化石燃料を給入する必要はありません。二酸化炭素もかなり減らせるはずです。

今日はこのへんで。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
DenseTime
AQUA

関連記事

THEME:哲学/倫理学 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

ありがとうございます☆

先日はメッセージありがとうございます。
嬉しかったです。
GOMAさまの記事はどれも
一定の問題提起がみられて興味深く
とっても楽しく拝見させて戴いています。

"遊びの体系的分類"もかなり^^

”観察”も”右巻き”も”夢”も”旅”も”同時性”も・・・みんなみんな
良いですね~♪

因みに私も車(景色の流れる独りの空間withカーステ的な感じですが)
大好き派(笑
です...。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp