PICKUP
ザ・ミスト
トラウマ ~乖離 ~Mental Breakdown
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

オデッセイ

The Martian002

”The Martian”
2015年
アメリカ
リドリー・スコット監督

あの「プロメテウス」のスタッフが集まって作ったという。
「ブレードランナー」とは趣の異なる希望に満ちた内容である。
これも原作があるらしい、、、が特に読む気はない。

マット・デイモン、、、マーク・ワトニー(植物博士の宇宙飛行士)



火星の大砂嵐が襲いくる映画はいくつもある。
これもそれが発端だが、圧倒的に重厚で繊細な展開だ。
火星という過酷というより壮絶な環境に、独り投げ出された男。
予め問題も答えも無い未知の状況で、生き残るための問いを立て答えを探る緊迫感に満ちた物語である。
この作品、映画(SF映画)史上燦然と輝く金字塔となること間違いない。
最近の映画では、「インターステラー」と双璧をなす。


地球の40%の重力の問題も、特に違和感なくクリアしていたと思う。
絶望的状況において、あらゆる知識と技術を参集して生き延びる姿をマット・デイモンが見事に体現している。
彼の会心の演技が光る。

地球上でも人はいつも孤独だ。しかし、火星に独りというのは、実際どれほどの孤独か?
その物理状況からしてまさに死とピッタリ隣り合わせなのである。
想像を絶する恐怖と絶望。
観ている間の緊張感は並大抵のものではない。
しかしマーク・ワトニーは、ユーモアを忘れず、絶対にへこたれない。
(確かに船長のディスコミュージックの趣味は最悪かも、、、音楽はこんな時こそ無くてはならないだろう)
こちらとしても、彼が根本にもつ楽天的なムードがなければとても観ていられなかった。
また、ビデオカメラはこういった時に、やはりこころを支えるものとなるようだ。
自分の中の他者と語る最適のツールであろう。
しかし、彼にとって神は全く必要ないものであった。(アメリカ映画としては珍しく思えたのだが)。
他のクルーが残した十字架を、水生成の素材として削っているところが、興味深かった。

空気、食料、水が計算上とても足りない極限的条件下での人の取りうる行動とあり方が問われ描かれてゆく。
マーク・ワトニーがもてる全てをぶつけてその運命を切り開く。
それは知識や判断、技術や突飛な発想にユーモアも含むが、それら総じて「生きる力」によるものである。
知識や計算が十全ではないかも知れない(例えば水を採取する方法、、、等。
しかし、それでもよいのだ。問も答えも一つではない。自分で考えて行動を起こすことこそ肝心なのだ。(わたしの言葉とは思えぬ)
これは、NASAのエンジニアやチーフ(政治的な責任者)や彼を置いてきぼりにしたAress3のクルーにとっても同じである。


デビッド・ボウイの「スターマン」の流れる頃には、わたしもかなりハイな状況であった。
そのあたり、中盤からはハラハラより、ワクワクが強くなり、そして何故か泣ける。

3層構造のドラマが絡み合いつつ極まってゆく。
火星に独り、絶望を再三味わいながらもサバイバルを試みる果敢なマーク・ワトニーの世界。
NASAのコントロールルームの面々の様々な思惑と苦悩と挑戦。(そこに中国企業も絡む)。
Aress3のクルーたちの爽やかな英断。
緊張感たっぷりの3つの場所の葛藤と決断がどれも説得力充分であり、その融合がついに不可能を可能にする。


リドリー・スコットの監督映画で、これほど力強く希望を感じさせるものが他にあっただろうか、、、。
画面が明るい訳ではないのに、明るい映画を観た気分だ。
一人の宇宙飛行士の無事を世界中の人々が見守るのだ。
こういうものがあってよい、とつくづく思う。
彼ならではの圧倒的なVFXと、科学的考証。絵の美しさ。
生きる力を高らかに謳った文句なしの大傑作であった。

The Martian001





しかしプラス、、、
TV録画で「ザ・リング2」”The Ring Two” を観た。(ついでに観てしまった)。
アメリカ
2005年
中田秀夫 監督

日本版のリメイクではなく、アメリカ版The Ring の続編という位置づけで製作された。
前作の6か月後 という設定である。
ナオミ・ワッツ がまたずぶ濡れで孤独に耐え頑張る姿を見せている。
この続編の肝は、前作ではサマラは故人であり呪いが有効であったに過ぎなかったのだが、今作では体を乗っ取り、何と自身復活を遂げようとする。定義上、彼女は死人とは言えぬ。
呪いの伝播から、エイダンに乗り移り生き還ろうと企画変更してしまったため、ビデオはもうどうでもよくなった。(ビデオをレイチェルに燃やされて、そうせざる負えなくなったのか?)
サマラのその積極的で前向きなコンセプトは面白いと思うのだが、如何せん迫力と全般的演出の弱い感は否めなかった。いや、具体化のレベルというより、大元の監督、脚本自体の問題であろう。

鹿が何故、車を襲いに出てきたのか分からない。
眠るエイダンの手から送り込まれたあの断片的映像から、サマラの出生の秘密や母にまで行き着くのはちょっと無理ではないか、、、。レイチェルに超能力を感じてしまうところだ。
全体のテンポがどうもしっくりしない。
暗い色調に、美しさがない。

ちょっと身を乗り出してしまったのは、終盤レイチェルが井戸から這い上がってゆくのを追いかけるサマラの身のこなしが、まさに貞子のそれであったところ、感心した。
それから、エイダンはなかなかの芸達者だということが分かった。
顔の演技は相当なものである。
「キャリー」のシシー・スペイセク がサマラの本当の母親役で出ていたのが何故か感慨深い(笑。

最後、レイチェルが井戸の蓋を閉めて呆気なく全てが終わったように思えたが、どうなのか。
エイダンが彼女を「ママ」と呼んだときは、彼はサマラに乗り移られていた。
バスタブに沈めてエイダンからサマラを追い出したときは、いつものように「レイチェル」と母に叫んだ。
しかし生還してきた レイチェルに対し、彼は「レイチェル、愛してるよママ」とか呼んでいたはず、、、。
微妙でややこしい含みをもたせて終えた感じ、、、。


全体としてみてチープさが漂い、確実に前作よりつまらぬものになったことは間違いない。
The Ringの監督がそのまま作れば、もっと良い作品になったのでは、、、。
今回こそ、ナオミ・ワッツファン限定映画であった。

Naomi Watts002




超豪華ディナーを味わったあとに、イッパイ飲み屋に寄ってしまった感がある。
しまったーっと思うが、時すでに遅しということである。
実際そういう経験を、若い頃した。
素敵なレストランでフルコースを食べた後、一人の先輩に無理やり連れて行かれたのだ。
どうしても、呑みに行きたくなったのだとか、、、
本当にいい迷惑である。
余韻に浸れないではないか、、、!

今日は自分の責任であるが、何故か思い出した(爆。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック