PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天井桟敷の人々

Les enfants du Paradis001

Les enfants du Paradis
1945年フランス
マルセル・カルネ監督

ガスパール・ドビュロー、、、バチスト
ピエール・ブラッスール、、、フレデリック
アルレッティ、、、ガランス
マルセル・エラン、、、ピエール(ラスネール)
マリア・カザレス、、、ナタリー
ルイ・サルー、、、モントレー伯爵

(第1幕)『犯罪大通り』と(第2幕)『白い男』で構成される。
とっても長い作品だが、退屈しようもない話である。


当時の巴里の猥雑な見世物小屋やサーカス小屋やストリップ小屋などが続く大通りにある劇場に始まる恋物語。
その値段の安い最後方・最上階の天井に近い場所にある観客席に陣取る活気に満ちた庶民の姿が窺える。
人々が皆、生きており、そのために恋愛の重みや苦しみもたっぷり伝わってくる。
「誰も悪くないのに、誰かが別の誰かを想って、上手くいかないのよ、、、。」
ナタリーの言うように、延々と弧を描き踊り続けるダンスに重なってゆくような流れ。
めくるめく物語だ。
結ばれることのない恋愛が、その想いを絶対化してゆく過程が描かれてゆくとも言えるか。
その舞台となる街・劇場のオープンセットが圧倒的なリアリティで迫る。

モントレー伯爵だけはちょっと薄っぺらいが、それ以外の人物たちはクッキリとした重厚な陰影が刻まれている。
心理や感情の動きを追って展開を図るレベルの映画ではない。
であるため、彼らの存在に対し魅惑されてしまう。
台詞も詩的で洞察に裏打ちされた感銘を受けるものが多かった。
更に無言劇でのパントマイムから溢れ漂うペシミズムは秀逸である。
バチストの白とフレデリックの黒(オセロ)の対比も象徴的な効果を魅せていた。

それにしても、ここまで完成された劇中劇も見たことがない。
このスケールと緻密な描写の具体化においては大変な力が注がれたはずだが、1945年ドイツ占領下でフランスが作ったということが大変意義深く、驚異でもある。
人間はそんな状況下においてこそ文化ー芸術が是非とも必要なのだとつくづく思った。

この映画、呆気なく入浴場で殺害されるモントレー伯爵以外は、実にしぶとい面々である。
特にマリア・カザレス演じるナタリーをはじめとして、、、。
真に想いをしっかりもち続けるヒトの生命力を、ただ只管感じるものだ。
その想いさえあれば、不幸では決して、ない。
その想いとともに、これから先も生きてゆける。

誰もが最近の映画にない、存在としての重みを際立たせていた。
誰も悪くない、ではなく誰にも共感を抱いてしまった。
最後には全ての登場人物が偉大な悲劇の主人公に想えてくる。



大傑作で名高い本作品をやっと観てみた。
途中家庭の事情で何度もポーズしながらの鑑賞となったことが残念である。
それでも充分過ぎる見応えであった。

Les enfants du Paradis002



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック