PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

めまい


Vertigo.gif

Vertigo
1958年アメリカ
アルフレッド・ヒッチコック監督

ジェームズ・ステュアート、、、スコティ
キム・ノヴァク、、、マデリン、ジュディ


感覚的な眩暈というより、中空に足場を外されるような寄る辺なさを感じ続けた。
特に、中盤ヒロインであるマデリンが鐘楼から転落して死ぬところから後は、こちらとしては見通しがつかない。
まさにわたしもスコティと共に映画の中を彷徨う事になる。

しかしやがてわれわれは仕掛けに驚く。
それは、ジュディの視点に移った場面で、彼女の偽らざる素直な悔悛の念を手紙に書いて自ら破り捨てるところである。
実は、親友の妻は最初から替え玉だった。
お金を貰って引き受けた役であったが、彼女も彼をいつしか愛してしまっていた。
それで「仕事」が終わったにも関わらず、彼女はかつてのホテルにそのまま居続け、彼と再び出逢う事になる、、、。

キムノバクの一人二役マデリンとジュディとの演じ分けは女優としての力の見せ所であろう。
泳げないのに水に飛び込む彼女。
サンフランシスコ湾で、スコティはマデリンを助けに水に飛び込む。
ジェームズ・ステュアートも高所恐怖症でありながらアクションスター並みの渾身の演技を見せる。

どうやら、橋を遠くに臨むサンフランシスコ湾の光景にヒッチコックがいたく魅了されて、生まれた映画のようだ。
しかし、そこ以外はほとんどスタジオ撮影となったという。


主人公スコティの高所恐怖症が物語の重要なファクターとなる。
ヒロインが教会の塔から飛び降りて死ぬ中盤は、それが大きな障害となった。
しかし最後にもう一度、2番目のヒロインが同じ場所で死ぬ時、その高所恐怖症は皮肉にも克服される。

主人公は、容貌の似た恋人を2度失くす事になる。
そう、スコティはネックレスからジュディが自分をハメタ女であることを見破るが、芽生えた恋愛の情は変わらない。
ただマデリンだった彼女のフィギュアをなぞり時を逆行させ、その高みから振り出しに戻したかったのだ。
ジュディにグレーのスーツを作って着させ、茶色のハイヒールを履かせ、髪を染めさせ、アップにする。
ジュディ=マデリンと共に、その場所から再生を図る手筈であったか。
わたしはそう願う。


確かに親友であろうと刑事を引退している友に、自分の妻が最近行動が変だから監視調査してほしいというのは、唐突すぎる出だしではあったが、それから後の流れは極めて幻想的で神秘的でもあり引き込まれてしまう。
美術館、墓地、窓を開け放ったホテルの光景は、ヒッチコック特有の美術である。
また、必要最低限の効果的音響と不安を煽る音楽。
建物全てが精巧に組まれたセット撮影であったようである。
塔の中の階段はミニチュア模型を横倒しにしてレールに備え付けたカメラをズームして撮ったという。
また何度も体験する床の落ちる感覚を受ける「めまいショット」はやはり斬新であった。

タイトルバックも先駆的なデザインだ。
スパイラル模様は強い印象を残す。
配色も赤と緑は象徴的な効果をもたらしている。

全体の色調とアニメーションとそれにぴったり合わせた音響が悪夢の連なりの臨場感を濃厚に醸し出していた。
視覚効果と音の融合した新たな技術開発が「この映画そのもの」とも言えよう。
監督としての力の入れ様まで伝わってくるまさに「映画」である。

Vertigo002.jpg


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック