プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

白熱

James Cagney

White Heat
1949アメリカ
白黒
ラオール・ウォルシュ監督
アイヴァン・ゴフ、ベン・ロバーツ脚本

ジェームズ・キャグニー、、、ギャングのボス コーディ・ジャレット
エドモンド・オブライエン、、、FBI ハンク・ファロン
マーガレット・ワイチャーリイ、、、コーディの母 マー・ジャレット
ヴァージニア・メイヨ、、、コーディの情婦 バーナ

サスペンス映画の教科書みたいな作品である。
まさに職人芸を見る思いだ。
機械的に最後まで目を離すことなく観てしまう映画である。

裏切りと駆け引き、策略の錯綜するなかで、コーディ・ジャレットの冷酷で残虐な個性が炸裂する。
その強烈さはどこか無邪気で可愛気もあり、憎めないところがある。
彼をうまく騙し、刑務所で弟分となり、罪を暴こうとするハンク・ファロンの大変な大芝居も見ものである。
はっきり言って、こんなに骨の折れる危険極まりない仕事、よく引き受けたものである。
有能な捜査官であれば、悪人にもどこかで顔を知られているものだ。

コーディの情婦のバーナが、また思い切りいけ好かない狡い女を演じきっていた。
ギャングの女というものは、こういうものだという象徴であろうか。
可愛気もあるが、世渡りに長けた大した玉である。

そしてこの映画の流れは、コーディのハンクに対する友情の深まりに即して進んでゆくが、その強固な軸となっているのは彼の母子関係でのうちに育まれた精神である。
この濃密で尋常でない母子関係こそ、彼の犯罪者としての本質的を形成している。
マザコンどころの話ではない。一頃流行った、母原病でも甘い。
世界一の犯罪者になりなさい、という英才教育を一途に行ってきたのだ。
どれほど凄まじい家庭環境で育ってきたものか。
母子関係は、その人間の生の基調を決める事は確かである。
父親も発狂して死んでいるらしい。
母親の教育と彼女の無意識にどっぷり浸かり、大人になってギャングの親分となってもまだ生々しく母親の強い影響下に居続けるのだ。
凄い人になっていても不思議でない。
そして激しい頭痛の発作(なんであろう?癇癪か?)ももっていて、それがまたカリスマ性を際立たせる。
あのにやにやしながら躊躇なく撃ち殺す、素早い決断と動きー所作は悪人たちにも畏敬の念を抱かせるに充分だ。
刑務所の昼食時に母が暗殺されたことを聞き、狂乱する姿など彼の心象が端的に強烈に現れている。
ジェームズ・キャグニー見事な怪演である。

ここに絡む刑事も凄い。
人の取り込みが巧みである。
母親しか信じない疑り深い男である。
自分を第二の母、少なくとも身内並に信用させるのだ。豊臣秀吉級の手腕である。一種の包容力か。
その過程が、ドキドキものなのだが、その間裏切り者の車のトランク越しや扉越しの銃殺なども行っていく。
バレたらイチコロのところをFBIとの交信も図りつつ親密な行動を共にしてゆくのだ。
綱渡りもいいところだ。

最後にやはりコーディの仲間からハンクの顔がわれ、これまで信じていた分、親分大激怒となる。
しかし、ハンクのあらかじめ打っていた手で、警察が大勢集まり、危機一髪のところで彼は逃れる。
激しい銃撃戦の末、追い詰められたコーディは化学コンビナート工場で「世界一」の華々しさで散る。


わたしとしては特に、FBIに通信信号を発しながらハンクが金庫破りに向かう「トロイの木馬」トレーラーに乗ってゆくのだが、それを受信しつつ場所を特定する警官たちの姿が面白かった。
パトカーの屋根についた可動式のレーダーアンテナとその位置確認をその都度しながら地図に座標をひいて、その位置をまたパトカーに戻す場面など、それだけでなにかワクワクしてしまう要素があった。
あのピカピカした回るレダーアンテナが一際印象に残る。


この映画がその後の様々な映画製作の模範例となり、アイデアやヒントをたくさん与えている事は確かである。
コーディ・ジャレット程の厚みを持った凶悪犯が、どれだけ生まれたかは知らないが。

見応え、充分であった。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界