プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

シルバラード

Silverado001.jpg
Silverado
1985年アメリカ
ローレンス・カスダン監督・脚本

ケヴィン・クライン、、、ペイドン
スコット・グレン、、、エメット
ケビン・コスナー、、、ジェイク
ダニー・グローヴァー、、、マル

西部劇って、80年にも作られていたんだ。
しかも、古典的というか伝統芸能のような出来。
勧善懲悪の安心して見られるものだ。
王道を行くと言うべきか。

その枠内で、如何にハラハラさせるかが、西部劇の出来具合の良さを決めるだろう。
ここでは主役の4人は何かあっても大丈夫だろうが、それに近い善人たちはどうなるのかは、心配になる。
そこそこスリルある銃撃戦を繰り広げるが、悪役以外はあまり犠牲者は出ない方であったのが、ホッとした。
ただ善人たちも罠にはめられ、ほとんどみんな怪我は負う。
しかし誰もが望む予定調和に収斂する。
そこが快感ということだ。

このような定番ー枠が先にある劇は、ヒーローものに顕著である。
スーパーマン、スパイダーマン、バットマンとか、アイアンマンとか、、、。
そう007やスターウォーズシリーズもあった。
挙げ出すとキリがないことに気づく。
何かの間違いで、ヒーローの死なないドラマである。
シュワルツネガーものなどその極みであろう。

そんな中で敢えて西部劇にまだ需要があったのか。
80年代に新たな西部劇を作る熱意というか必要性である。
更にもっと新しい西部劇も作られているのか、、、。
日本でも侍ものは、飽きもせず幾らでも作られているし、当たり前のことなのだろうか。
アメリカ人にとってルーツに関わる根強い文化なのかも知れない。


わたしにとっては、”The Fly”のジェフ・ゴールドブラムが悪者の用心棒、”ブレード・ランナー”のレプリカント、ブライオン・ジェームズが善人側で出ていたことが発見であった。何故か嬉しくなったりする。
この2人は顔を一目見れば分かる個性的なタイプだ。
時折、出ていたことに気づかない役者もいるし。(わたしが気づかないだけだが)。

とりわけケビン・コスナーの若さが何とも言えない。
非常に軽い役で出ているが、二丁拳銃が何やら決まっている。
やはり主人公たちの早撃ちは悪党を圧倒するのだ。
拳銃さばきがこそ、見もののひとつであろう。


基本的に拳銃の動きの為の演出と筋立てとして、善と悪・友情・葛藤・裏切り・奸計・銃撃(早撃ち・決闘)などがうまく絡み合い組み合わされてゆく。あくまでも見たいのは、銃がどんな形で火を吹いてゆくかだ。
それが如何に楽しめるかが、西部劇の醍醐味であるはず。
この”Silverado”は、全てが楽しめるものであった。

ただ、途中で旦那が殺された奥さんと誰かが恋に落ち結ばれるのかと思ったのだが、それはないようであった。
その奥さん(女優)の影が余りに薄過ぎたきらいもあり、やけにあっさりしていた。
この要素は、削ってしまってもよいのではないかと思われる。
少し中途半端な感を残した。


西部劇の面白さはしっかり詰め込まれており、そこをはみ出るものも特になかったとも思われる。
新しさは特に感じない正統な西部劇であった。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界