プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お嬢さん乾杯!

ojyou.jpg

清涼飲料水を飲みたい気分でこれを見てみた。
と言うのも、風邪をひいてお腹に来て、食べるものがなかなか喉を通らないので。
更に生憎の天気、、、。
植物も元気がない。

しかしこれで随分楽になった。


木下恵介監督
1949年

原節子、、、お嬢さん
佐野周二、、、あにき
佐田啓二、、、弟分
東山千栄子、、、お馴染みのお母さん


冒頭のドリフのコントのような演出で、とんだ映画を見始めてしまったという感があったのだが、話は結構シリアスで繊細なものであった。
だが、軽快なラブコメディのノリはしっかりおさえていくので、グイグイ引込んでゆく。
原節子が、ここでも期待通りの原節子をしていた。

「安城家の舞踏会」ほどではないが、かなり走るお嬢さんを演じていた。
コミカルな演出にも健気によく乗っかっていた。
そう、彼女はいつも以上に表情が多彩で、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵のような神聖な顔を見せたり、悪戯っぽい顔やバツの悪そうな顔や如何にも気分の悪そうな顔、恋をして思いつめた顔など、、、特に目の演技などにも惹かれるところがあった。

佐野周二の自動車整備工場のあにきは、如何にも恰幅のよいあにきそのものであった。
お嬢さんとは、実によく合うカップルである。
上品で教養がありピアノが上手で、、、英語とフランス語も得意という彼女と世の中金だ!と言ってはばからない無粋で頑固だが純粋なあにきはよい取り合わせである。
なんせ弟分に、「結婚するなら、堅気の女と結婚しろ。結婚しないなら、女と付き合うな。」である。
下手をすれば暑苦しい。この押し付けがましさだけだと、とてもやってられない。
しかし、バレエや音楽(ショパン)を鑑賞し、いたく感動する感性を持っている。
この部分でのお嬢さんとの接点は大きい。大変、大きいものだ。
その為に(証拠に)、彼女の煮え切らぬ心情を鋭く見抜き苦しみ悶えている。(それが面白く演出されているところがこの映画のよいところだ)。

人と人の繋がりは理屈ではなく、芸術的感性で決まることは絶対であるから。
逆にここがズレていたら、言葉をいくら尽くしても埋めることは不可能だと、断言できる。


役の上で、佐田啓二がパリっとしたスーツを着た知的な出で立ちで、彼女の彼氏役であったなら、面白くもなんともないだろう。
第一それでは、コメディにもなんにもならない。
佐田啓二が軽めのやんちゃな弟分であってうまく成立していた。
よい配役である。

配役といえば、、、
東山千栄子、優しい包容力のある日本のお母さんを演じたらこの人の右に来る人はいないのでは、、、。
出演時間は短めであるが、ここでも充分なオーラを発していた。
この女優のいるといないでは、映画自体がはっきり変わってしまう。
原節子の出る映画では、なくてはならない存在に思える。

この映画で一番のポイントは、「愛しています」ではなく「惚れた」であろうか。
お嬢さんの「愛してます」、ではやはり自分を納得させる理由が入ってくる。
「惚れた」、はもう、問答無用である(笑。
ここにきたとき、ヒトは一気に行動に出る(爆。
(と言うか、迷いがない!)

話の運びは職人芸的な手馴れた運びであり、隙がなく中盤頃には完全に乗せられている。
主人公ふたりのこころの揺れ動きは、まさにラブコメディの王道ではないか、、、。
如何にもであるが、その軽快な流れに沿う快感に満たされてゆく。


失意のまま旅に出たあにきを、弟分の車で追いかけるお嬢さんのシチュエーションで終わるところは憎い。
なかなかスマートでハッピーな期待を膨らませる、爽やかなエンディングではないか。


この時代は、日本は戦後復興期のまだ暗い時期ではなかったろうか。
本作の明るさコミカルさは、それに抗する意志表示とも見ることができるかも知れない。
戦後成金の上昇志向パワーと斜陽貴族の保守的意識の止揚にも意味がある。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp