PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ダークマター

darkmatter.jpg

最近、しきりにこの言葉―名称が耳に入る。
Tvでも話題になる。
特に調べるでもないが、何となく気になっている。
ダークマターとディープラーニングは、巷でよく囁かれるようになった。
AIにおいて、ディープラーニングによりパターン認識は飛躍したそうだ。
(以前は機械が人に勝てなかった領域だった)。
テクノロジーの進歩にそのまま結びついてゆくものなのか、、、。


ダークマター、、、
まず分かっている物質だけをもとに考えたのでは、この宇宙がこのように創造された説明ができないとこから始まっている。
つじつま合わせから、仮説を作り、その実証は「感度」の問題になるのか。
ニュートリノ発見の延長上にそれもあるというわけか。
これもテクノロジーの進歩により可能となると目される。

しかし質量はあるが一切の相互作用をしない物質とは、、、。
それでこれまで、何にもひっかからなかったのだ。
しかもそれがなければ均質なため、あらゆる物質は生まれなかったと。
つまり宇宙自体が生まれなかったということになる。
あまりに本質的な問題ではないか!

不活性ガス、キセノン中で何らかの反応―光を発するものにめぼしをつける。
確かにそのような方法で近づく以外にないのだろう。

それは1リットル中に1つは存在するという。
これってかなりの密度ではないか、、、。

そんな物質が、これまで発見されないということの方が不思議になる。
やはり、まだまだ不思議で分からぬなことの方が多いものだ、という実感に浸ってしまう。
そして知らないことすら、分からないままで終わってしまう事がどれだけあるのか。
そんな不安に駆られる。
また、知ることで更に分からないことが認識される。
恐らくその繰り返しなのであろうが。
われわれは、知らないではいられない存在である。
そう、知らなくてはならない!


宇宙の物質の84%は、光を放ちもせず吸収もしない。
これ自体暗黒ではあるが、これに対して盲目であったらそれこそ暗黒であろう。
その解明による意識・認識における大きな変革は必ずあるはずだ。
まだ当分、認識の暗黒時代は続くのだと思われるが。
超巨大ブラックホールの中にこそ、安定した居住空間がある、などの説も出てきている、、、
後から後から、新たな仮説は幾らでも出てくるだろう。
だがそれが存在にとっての不可欠で不可避な運動である。
これは確かだ。
もしかしたらそれに終わりは無いものか?
それとも、、、

地球幼年期の終りは、何時ごろになるのだろう。

いや、同時に自分(という特異点)にとっての幼年期でもある。
自分を成立させているダークマターの解明は独自に進めていかなければならない。
(大局的―普遍的な説とタイアップできる部分を実は期待している)。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック