カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いつもの公園 いつもの空

sora.jpg

公園に来た。
いつもの公園だ。

そよ風とのブレンドで柔らかい陽射し。
幾度目かの雲のない青空。
何故か今日は、太陽の有り難さを感じる。
暖かい。


来週からは、授業参観や家庭訪問が立て込んでくる。ピアノをみるのもだんだんやり甲斐が出てきた。
今日は、ただゆっくり寛ぐ事にする。


テントを張って拠点を作り、そこから子供達が遊びに飛び出しては、暫くして水を飲みに帰ってくる。
わたしは番をするかたちで、シートをテントの前に延長して広げ、寝転がって過ごす。
これが良い。
寝るには、最高だ。
眠るまではいかないのだが。
風呂と同等の気持ちよさである。
(どうやらそれを追求するブログになりそうな気配も感じてきた、、、)。

「子供の飲み物」を彼女らは、「子供のお酒」と呼んで乾杯して呑んでいる。
「うまいっ」とまで言っている。
将来、酒飲みになりそうな気がする、、、。少なくとも雰囲気は好きそうだ。


周囲は外国人が多い。欧米系である。
英語が色々な声で聞こえてくる。
低い声、高い声、ゆっくりな声、速い声、幼い声、年老いた声、、、声に暫し聴きいってしまう。
やがて鳥の鳴き声と同等の音にしか聞こえなくなる。
人で一杯なはずなのに、妙に静かだ。
時折、娘と同年代の女の子の話声がすると、急に意味が立ち現れ、ハッとする。

小さなボールが転がってきていた。
側にわたしのメガネがあった。
公園とは、微妙にフラジャイルな環境である。
危険というよりも、子供のちょっとした擦りむきや打撲、うっかりの踏み潰し、カメラのメディアを落っことすなど、ノンビリ憩う時間を軋ませる要素は付き纏う。
それで眠りこむまでは、いかないのだ。
しかし、一度寝転ぶと、起きる気はしない。
(わかってくれる人は少なくないはずだ)。
少し遠くでは、サッカーと野球をそれぞれ親子でやっている。
風も急に捲き起こる事がある。

一種、何処かの縁にいる気分なのだ。
妙な清々しさも覚えてしまう。

そんななか、やはり眠る間際まで意識は遠退く。
背中に優しい、芝生の適度な柔らかさにシートの弾力。
空をずっと打ち眺めているのだ。
尚更である。
不思議なことに、飛行機が一つも横切らない。
かなりの時間、全く通らない。
ここらへんは、ジェット戦闘機が時折、編隊を組んで爆音を轟かせて飛んでゆくこともあるのだが。
空を遮るものがない、非現実的な青空。
「リターナー」で飛んでた飛行機がこんな時にフワッと浮かんでこないのか?
少しばかり荒唐無稽な事態も望んでしまうものだ、、、。


突然、お昼ご飯となる。
娘たちのお腹が空いたのだ。
時間は彼女らのペースで飛躍して進む。
「おなかすいたーっ」家ではあまり聞かれない言葉。
手をちゃんと洗ったのかどうか、もうお弁当を開けている。
お寿司とお茶が幾らでも入る。
わたしも娘たちも家であったらこんなに食べられない。
雰囲気で食べている気がする。間違いない。
しかし寝て食べているだけのわたしは、かなりマズイ。
「公園太り」と言うのもあるかも知れない。

食後にアイスクリームが食べたいという長女と店に買いにゆく。
次女を待たせているため、足早に3つ買って帰る。
その途中に、目の覚める一面の菜の花。
その弾け渡る黄色の光と香りにも惹かれ、暫くその場に釘付けとなる。
しかし次女とアイスを待たせる分けにもいかない。
テントに小走りに戻るや、2人はすぐにペロッと食べてしまった。


わたしはまた横になり、娘たちはまた遊びに走ってゆく。
スイッチが切れたように周囲が静まる。
遠くでバットの響きが小さく反響する。
全ては遠退く。


ただ暖かい。
柔らかい風に瞼を閉じる。
先ほどの黄色がまだ目に残像する、、、。

nanohana.jpg


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: