PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メガ・シャークVSグレート・タイタン

Mega Shark vs Kolossus

Mega Shark vs Kolossus
2015年アメリカ
クリストファー・レイ監督


「メガ・シャークVSグレート・タイタン」の「グレート・タイタン」ってだれ?
恐らく Kolossusなのだろうが、なんで「グレート・タイタン」というのに置き換えたのか意味不明。
あくまでも邦題の問題だが、、、。
劇中でも一度もそれに触れられていないし。どこから来ているのか?
相変わらず、不可思議な世界である。(邦題って誰がつけるの?)

この第4作目、メガ・シャークをシリーズで追求し続けるアサイラム社の衝撃作。
(寅さんシリーズくらいに持って行く気か?)
メガ・シャークというものがものだけに、対戦相手も限定される。
1.大ダコ、2.大ワニは自然変異とか設定上納得の範囲に押し込めるとして、3.メカ・シャークまでゆくと、何故わざわざそんなもんという前提自体の無理が気にかかってくる。しかし今回ついに巨人!が相手となって現れた。
突き抜けた感がある。
もう怖いものなし。
映画製作会社自体が制御不能となった模様。
いや、完全に吹っ切れたのか?
何でもアリの一皮むけたアサイラムには、期待できる、、、多分。

結果、はっきり言ってかなり楽しめた。
元々、話のディテールやメカや設備の関係にはほとんど拘らない大らかな作りを売りにしている会社のため、こちらも見て見ぬふりしつつおよその流れを把握してぼやっと見ていれば用が足りたのだが、少なくともこれまでより前のめりで見ている自分がいた。

話自体に重苦しく畳み込む(苦悩する)部分やどんでん返しもあり、なかなか笑わせるいや、魅せる。
VFXもシリアスさとコミカルさの間の微妙な線であり、独特なテイストを醸し出していた。が、そのせいで白けるような箇所はない。
船内などの設備に手抜きは見られたが、敢えて気にしないお約束である。
キャストも序盤は、このコスキャラは何だ(真面目にやっとるんか)、という場面もあったが、次第に乗せてゆく。
それぞれの配役に説得力もあり、ドラマとなっているではないか、、、。
最後は、気の抜ける終わり方だが、しっかり続編に繋げて終わっていた。
終わりよければすべてよしという言葉もある。もう少しエンディングには気を使って欲しい。
できればもうひと波乱(ひと捻り)あってもよかった。
だが、そうなると佳作レベルの作品となってしまうだろう。
少なくとも今回は、マジに力んだ日本SF映画より、出来は上であった。

いかんせん、サメは形体上どうしても地味で、アクションも軍艦を頭突きで跳ね飛したり噛み砕くくらいである。
相手役を派手にする方向になってゆくと思われる。
今回のKolossusは、その点「進撃の巨人」みたいに大げさなうえにどこか危うい格好でかなり楽しめた。
優れた怪物デザインに見えたが、既視感は拭えなかった。
コントローラーが効かなくなった原因や死海に入るまでの流れなどもう少し詳しい描写が欲しいところであったが、Kolossusを出したのは、正解だったと思う。Kolossusとサメの出会うまでの緊迫した時間を当てた人間ドラマも良い運びであった。
但しメガ・シャークとKolossusの闘いは、明らかに物足りない。
それが映画の題ーテーマでもある。
ここに全力投入する必要があろう。
例えば、Kolossusの腕がシャークに食いちぎられるとか、散々な攻防の果てに自爆まで持ってゆくという風に。
そこの比重が足りない。
だが、明らかに話の道筋は面白くなっている。

今度は、何を相手にするのか、楽しみである。
どんでん返しの人間ドラマ技も取り込み、いよいよ大作化の方向性も見えてきた。
巨大な鳥と戦うとか、もしかしたら異星人の仕向けた怪物と闘い、地球を守ったりもある気配だ。(そうなるともはや、ガメラの友達ではないか!)。
シリーズを繋げるには、どんな荒唐無稽も辞さないはずである。
何よりもその回のテーマを大切にし、VFXをもう少し磨き、ディテールの描写を改善し、展開場面を丁寧に描き、要所要所にもっとメリハリを付け、最後の余りにおざなりなエンディングをなしとすれば、もうスターウォーズに変わるシリーズも狙えるのではないか?向こうがつまらなくなっている分、可能性がないわけではない。


頑張れ「メガ・シャーク!」って、、、どうだろう?
次回作も間違いなく見るつもりだ。

Mega Shark vs Kolossus002

Mega Shark vs Kolossus003

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック