PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ジョニーは戦場に行った

JOHNNY GOT HIS GUN

JOHNNY GOT HIS GUN
1971年アメリカ
ダルトン・トランボ監督・原作・脚本

戦地で体のほとんどすべてを失った青年の、ほぼ一人芝居。
脳だけは機能していたことが、良かったのかどうか、、、。

現実をモノクロ、想念をカラーという手法は、いくつかの映画で観てきた記憶はある。
それが何であったかは、思い出せないが。
わたしも、覚束無いものだ。

「悪い夢から覚めないんだ。誰か起こしてくれ。」
もはや夢と現実の区別もつかない。
ねずみが体の上を這い回っているのか、看護婦の何らかの措置なのか。

身体には外界に些かも接続できるものが無いうちはまだ平穏であった。
モールス信号で繋がってしまった為、主体的な実験は終わりを告げた。

健常時には知らなかった世界を見つけたにも関わらず、、、
太陽を見つけた。
ことばを見つけた。
新たな時間を見つけた。
ならば、もう少し粘れなかったか。
折角、頭の良い看護婦さんに巡り会えたのだ。
(これを見てつくづく思ったのは、稲垣足穂が女性は看護婦であること、と言っていたこと)。
確かにそうだ。
こうなったら、腹をくくり、自ら実験することだ。
ちょっとありえないレベルの生の実験となろうに。
ここで、「殺してくれ」では、芸がなさすぎる。

男は尽く馬鹿だ。
「民主主義のために一人息子を捧げるよ。」
「民主主義を守り、正義と永遠の平和を手に入れるんだ。」
彼は志願して早く入隊したのだった。
大したものだ。
ちなみに、彼の彼女は、しきりに兵役を逃れて何処かに行こうと何度も持ちかけていた。
しかし彼は自身の決意を曲げる気もなく、よく出来た看護婦さんを振り切ってしまう。
きっと、日本でも戦争法案賛成(9条改正賛成も含む)の人々は、自らの血を進んで流してくれるのだろう。
頼りにしたい。

「メリークリスマス」
何というか、「戦メリ」を思い出してしまった、、、。
ここでの「メリークリスマス」
この「ことば」は、ヘレンケラーの"Water"に相当する鮮烈さである。
民主主義などという寝とぼけた言葉ではなく、生まれたての「ことば」に違いない!
そうだ、ヘレンケラーのような時間性は持ち得ないが、新たな生の実験の余地はある。
看護婦さんと共にやってみてもよかったではないか!
折角、君は覚醒しかけたのだ。
もう少し時間稼ぎをしたまえ。
それを活かさず、自ら可能性を摘むとは、、、。
その意味で、残念な話であった。

充分にリアルで説得力に満ちた作品であった。
実話を元になどというものでなかったところが、よりリアルさを高めていた。
主演のティモシー・ボトムズは、ワールド・トレード・センターのニコラス・ケイジ以上の困難な演技になったはず。
イメージや回想シーンも含め、熱演としか言えない演技であった。










関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック