カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アルゴ

ARGO.jpg

”ARGO”
2012年アメリカ映画

ベン・アフレック監督・主演

アメリカ大使館員の出国の為、彼らをロケハンスタッフに偽装させて逃がそうという作戦は、楽しいではないか。
とてもウケる(笑。
「アルゴ」という偽SF映画を作るのは、良いアイデアで面白いのだが、偽でももう少しマシなものにしてくれ、と言いたい。
まあ、実際に作らないし撮るふりすらしないので、どうでも良いのだろうが、彼らが帰ってから実際に良いものなら作ったっていいじゃないか、、、。お偉い監督まで頼んでいるんだし。
この映画には、何の関係もないが。
本来ならこの「アルゴ」、一見で嘘だとわかる代物である。

イランのテヘランで1979年に起きたアメリカ大使館襲撃事件を題材とする映画である。
独裁者パーレヴィ前国王が癌になったとかで金塊をわんさか積んで飛行機でアメリカに引き取られたときのこと。
反体制派ホメイニ師に放逐されたとは言え、、、。

全体的に控えめに抑えた感じで淡々と撮られており、ドキュメンタリー・タッチでリアル感が醸し出されていた。
この手法は、このような政治的な脱出劇などを見せるに当たって、かなり効果的であると思う。
別に内容は100%創作であっても何の問題もない。
元々、事実に忠実といっても、原理的に形式上100%別物である。
スリリングという点においては、いくつものところでもうすんでの場面が散りばめられており、、、
最後の飛行機に搭乗し飛び立つまでのハラハラ感は出色の出来であった。
これらは明らかに演出ものであることは分かるが、映画ーエンターテイメントの構成上とてもよく練られたところである。

ただ、虚構によってより本質をリアルに伝えるというものとは、この映画一線を画している。
今回の6人の職員を本国に逃がしたことは、あの情勢下では妥当な選択であったと思う。
しかし、この主人公がどれだけ関与していたのか、其の辺のところはカナダ政府の受け取り方で確認できよう。
これら全ては政治的な問題である。主人公はニヒルなCIAの職員である。
まあこの辺のところは、こちらにとってはどうでも良いのであるが、次の件については看過できない。

イラン人を粗暴な人間に描いているところである。
(彼らがあんなヘンテコな絵コンテもらって喜ぶか!)
まず、彼らがアメリカに対し怒っていることの一つに、パーレヴィを勝手に亡命させてしまい、イラン人に彼を裁かせる機会を奪ってしまったことがある。パーレヴィが彼らに正当に裁かれるとアメリカにとって不利な事実があるためだ。
イラン人があの時点で殺気立っているのは、ある意味当然のことであるろう。
イランという国自体がアメリカの石油政策によってそれまでズタズタにされてきたことは、誰にも明らかである。
CIAがここで何をやったにせよ、大きな顔を見せる道理はないはずなのだ。
単なるアメリカばんざいのアメリカ中心主義丸出しに、ちょっと抵抗はないのか?

映画としてはスリリングでよく出来た映画であるが、やはりイランやカナダが明らかな不快感をもつ内容で作るというのはどうしたものか?
どうせなら「アルゴ」というSF映画を作ってしまった方が良かったかも。
勿論、あくまでもこの事件を題材にしたハイパーなSF世界を、もう少し中立的・普遍的な視座から構築する。
主演は、このニヒルな雰囲気のベン・アフレックでよいので、監督はテリー・ギリアムに頼んだらどうか?
きっとオモロイ映画を作ってくれるはずである。
スリリングよりシニカルなギャグが目立つ、もっとリアルなものに仕上がりそう、、、。


この映画、アカデミー賞というのを、とっていたの?
びっくりした。
というか、そういうものか、、、。

確かに政治思想を外せば、よく練られた映画だとは思う。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Piano
PC