プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

瑠璃 ラピスラズリ~lapis lazuli~

LapisLazuli.jpg
瑠璃色、とかいただけで、何か詩でもかきたくなる、そんなイメージの原質を重層した文字・ことば。
でもついうっかり、軽い気持ちでえがきだすものではないと踏みとどまり、しばらく夢想に沈みこむ。

すると、もっともこの色を見事に形象化したものが眼裏に浮かぶ、、、。
フェルメールのウルトラマリン。瑠璃色。

かの奇才ダリがベラスケスとともにもっとも高く評価した画家。
デルフトを生涯出ることのなかった画家。30点あまりの数少ない作品群。
カメラオブスキュラを使用した構図の妙。これについての専門的な言及は多い。

しかし、わたしにとってのフェルメールはこころを一瞬に浄めるべく鎮静させるあのウルトラマリン。
かつて、わたしの絵の師匠は絵は色だ、と常々言ってたが、色であろうとフォルムであろうとムーブマンであろうが、かの色の収まるべくして収まった場所がフェルメールの絵画である、としか言いようがない。
本当のウルトラマリンの息づく場所。

”イデア界のLapisLazuli”現実が影の様に想える。
圧倒的に浄められたウルトラマリン。イデアの光に満ちた。
彼の絵を見ると、絵画とは現実を模倣するだけの二次的な低次元の制作ではなく、
真理を啓示するもっとも敬虔な作業であったとはっきりと気づく。

風俗画がこれだけの柔らかく敬虔な光に満ち満ちたものとは、
デルフトの光景のディテールを見ると、画布上には小さな光点が散りばめられていた、と言う報告が今思い出される。あの輝ける光景の秘密。フェルメールは今だ語りつくされてはいない。

「われわれにとっての日常とは、取るに足らないものなのか?」
オランダの風景を見ると、なるほどわれわれとは風景に対する概念が異なることは直ぐ合点する。
だが、現在、われわれは日常を語るに、経済ばかりを語りすぎてはいないか?
それだけで光景を汚してはいないか?
わたしたちの光景、そのこどもたちの光景、さらに引き継がれてゆく光景。

そう、それらをすべて、「画像とすればよい」
であった。

それが世界となる。

高校の頃小遣いをはたいて買った鉱石標本を、もう一度押入れからとり出して、
一日に一度は眺め入りたい。
LapisLazuli
本当に柔らかく輝く。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
THEME:art・芸術・美術 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: