プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

クイック&デッド

The Quick and the Dead05

”The Quick and the Dead”
1995年度アメリカ・日本映画
サム・ライミ監督

TV録画物で観る。

基本的にわたしは、西部劇そのものを意識的に見たことがない。
幼少時代に何となく見てしまったレベルでこれまで来ている。
であるから、サム・ペキンパー監督物を見たことがない、と言う映画ファンの風上にも置けないヒトなのである、、、。
これは大変だと狼狽える気は別にないが、機会があればそのうち見てみたいとは思う。
西部劇の要素(形式も)が色々な映画の様々なシーンに深く浸透していることは、察しはついてはいるが、もう形式的にも内容的にも透明化している、何というか原質化してしまっているのではないか。
この部分は西部劇だ、などと解説しながら見ている映画ファンもあまりいないと思う。
ひとこと言えるのは、西部劇というものは、かなり劇画タッチであること、それに気づいた。

シャロン・ストーン 、、、エレン
ジーン・ハックマン 、、、ジョン・ヘロッド
ラッセル・クロウ 、、、コート牧師
レオナルド・ディカプリオ 、、、フィー・へロッド“ザ・キッド”
ゲイリー・シニーズ 、、、連邦保安官(エレンの父)

とまあ、凄いキャストを揃えたもんだ。
中でもへロッドさんは、プリキュア(ハピネスチャージ、、、)で言えばサイアークのおやぶんである。
他のチョイアーク(手下の戦闘員)など、虫けらのように殺してしまう。
腕も立つし大変な悪さ加減である。
これ程の無法者の強者はいまい。
途轍もなく憎々しい(特に笑い顔が)ワルおやじのジーン・ハックマンで、大変お似合いであった。
日本の時代劇なら間違いなく悪代官というか、どこぞの悪い殿様であろう。
The Quick and the Dead07

それに立ち向かう美貌の女ウエスタン、エレン。
よくいるスーパーウーマンの典型であり特に驚いたり魅了されたりする程の存在でもないのだが、勇敢なだけではなく、神経質で脆弱な面や葛藤する姿も表現し、ヒロインの精神の時間的変化を丁寧に描いていた。
The Quick and the Dead04

コート牧師は、ラッセル・クロウのカッコよさが滲み出る、ちょっと控えめだが頼りになる美味しい役である。とても渋いがまあ、こういう感じかという必ず出てくるひとつのタイプである。まだ若いね。(今の姿を見るに付け)。圧倒的な存在感を誇る「グラディエーター」がこの後に控えるが。
The Quick and the Dead03

ザ・キッドは、ちょっと笑える優秀だが空っぽな、やんちゃなボンボンであり、ディカプリオのクールな演技が光っていた。
The Quick and the Dead02

エレンの父親役で、ゲイリー・シニーズがちょいと出ていた。この人は役がハマると物凄く良いが、今回は無難に熟していた。
盲目の道具売の少年がスパイシーな雰囲気を醸していた。演出上なくてはならぬ要所を決める端役である。


それにしても、何でこともあろうに、日本との合作なのだ?(バカボンのパパ風の質問である。答えは特に気にしない)。
マカロニ・ウエスタンだって、何でだ?と思うわたしである。
西部劇に触れるにあたって、全く映画通でないことが、忽ち露呈する。
他国が西部劇を作ることに関して、何故なのか全然知らないのだ。(正確には特に知る気にもなれないのだが)。
イタリア製西部劇がスパゲッティ・ウエスタンと呼ばれることを不服として、彼の淀川先生がマカロニとしなさいと仰ったとか、、、。
The Quick and the Dead06
それくらいしか実は知らない。(合ってるかどうかも)。
そもそもそれぞれの国に時代劇はウンザリする程あるはずだし、なんでわざわざこういうのを作らなければならないのか。
アメリカ国内だけで良いではないか、、、。
日本にも、時代物を作る題材など5万とあるではないか。
この映画のどの部分にどう日本が関わっているのか?わたしの見た目では分からない。
それはともかく、、、。

確かに西部劇自体は作り易い。
無法者に対して正義の保安官(又は流れ者)が立ち上がるというパタンであれば、どんなんだって作れるというもの。
TVドラマ「水戸黄門」など、無限に作成可能だし、そのような「定番」「定形」は確かにあろう。
イタリアはそういうのが特に好きなのか?
ミケランジェロ・アントニオーニ、ベルナルド・ベルトルッチ、ルキノ・ヴィスコンティ、フェデリコ・フェリーニ、、、これくらいしかそもそも出てこないが、これらの監督が西部劇を作ることはまずなかろう。
西部劇はどんな監督が作るのか?
ともかく製作陣にとっても面白く、需要もかなりあるのだろう。そうでなければ作るはずもない。
侍物における剣捌きに当たる銃の捌き様に。その形式や様式美の表現は極めようとすればキリがなくなるかも知れない。
やはり極める余地が、まだ充分に残っているものなのか?
孤高の主人公とそれを取り巻くドラマも何度も再現が要請されるのだろう。
外国がやらなくても、、、という心情はもってしまうが、普遍性は確かに感じさせる。
もっと西部劇を見れば、もう少しはわかってくるのかも知れない。
外国なんだけど、是非ああいうの作ってみたい、という気持ちに納得するのかも、、、。

別に勉強で映画鑑賞する訳ではないので、飽くまでも機会があれば、ということで観たい。
実際、今回のサム・ライミ監督の”The Quick and the Dead”は充分面白かった。
エンターテイメントとして、緩急起伏があり流れも良く、隙のないスリリングな作品に仕上がっている。
コミカルでトリッキーな面も忘れてはいない。(ホントに漫画的なのだ)。
手馴れた絶妙の運びであり、それに乗ればそのまま最後まで楽しめる。
何しろ話が「早撃ち大会」なのである(笑!
生死を掛けてはいるが、遊びに他ならない。
最高に贅沢なエンターテイメントではないか!
(ロジェ・カイヨワ流に見れば、遊びに必要な要素が全て詰まっている。)

早撃ちは、日本で言えば「抜刀術」か?
日本はどう考えても、こちらの映画を作ったほうが良い。
まさか、外国からは、「マカロニ抜刀術」みたいなものは出てはこまい。
勿論、「七人の侍」がジョン・フォードの西部劇に影響を受けており、黒澤のその映画のハリウッドリメイク版が、あの「荒野の七人」であることくらいは、映画に疎いわたしでも実際に見て知っている事柄だ。
相互浸透は充分になされてきたことは、分かる。
が、「マカロニ、、、」のようにそのまま作るというということを、当のアメリカ人はどう思うのだろう、、、。


この映画が日米合作だということを知り、そっちにばかり気が向いてしまった。
西部劇のテンポはとても小気味良く、体調が優れず何も手につかない状況でも、それを忘れて見入ってしまえるものだ。
今のわたしには、もってこいのメディアによる、マッサージなのかも知れない。
少なくとも、実際のマッサージに行くより、こっちの方が効く。







関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界