カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ALWAYS 続・三丁目の夕日

ALWAYS2.jpeg

2007年
山崎貴(前作に続き)

キャストは、親戚の少女役などが加わるが、基本的に同じ流れが濃くなる方向に行く。
ピエール瀧が今ひとつよく分からない役柄である。
三浦友和の内科医が実に味わい深い。


ここでは、東京タワー、東京駅、羽田空港も出てきた。
そうだ、こだまも出た。
日本橋も登場した。
映画館では、石原裕次郎である。
湯銭もある。
が、何と「ゴジラ」が現れたには、びっくりした。
VFXが実に上手く使われている。

「スズキオート」堤真一と「文学」吉岡秀隆は相変わらずだが、絆は更に深まる。
六子さんの幼馴染が現れたり、淳之介の実父が執拗に彼を引取りに迫ってきたり、事業に失敗した親戚の娘が鈴木家に預けられたり、、、いろいろあったが、茶川竜之介の芥川賞受賞を巡り各エピソードが色濃くじわっと絡み付いてくる。
小説家としてどう茶川が取り組んでゆくか、彼を支える街の人たち、ヒロコの葛藤、、、。

兎も角、この映画、何かを伝えるなどという、せこい事を一切考えず、ただ個々のエピソードを丁寧に描く事だけに専念しているところが心地よい。
そう、それぞれが、心地よく染み込むエピソードとして構成され全体を流してゆく。
題材に「昭和」や「終戦」などを使っているが、あくまでも素材、道具立て、枠のレベルである。
子供が普通に家の仕事を手伝う姿やTVを家族全員で鑑賞し、応援する姿など大事な要素は取り込まれている。
しかしその時代性としては、面白い話ーエピソードが組み立て易くなる方法として扱われている。
元々、昭和が良いとか悪いとか言うものではなく、根拠のないノスタルジーを掻き立てイマジネーションを膨らめたり、架空のありもしない世界をもっともらしく描ける為のものとして機能させている。
しかしその物語は、確実にある理想が描かれてしまっている。
下らない辟易するイデオロギーが入り込めない清々しさを感じる理想である。

それが、ジワっと涙を誘う。

その理想、というか理想的姿とは何か?
何とも言えない平板性である。
深層心理、内面的な籠り、精神的な病、分裂病などの「深さ」が存在しないところだ。
人間という病がない理想的な社会が描かれている。

であるから、意味がそのまま意味として活き活き機能している。
そして意味が活性化されてヒトの中で素直に解され、汚れぬ言葉が結構乱暴に愛おしくやり取りされている。
受け取り方に振幅が存在していても、誰もが感動は味わえるのだ。
街の誰もが、茶川の純文学を大切に味読出来るのだ。

そんな理想郷がここに築かれている。
そのどこかにあった記憶ーノスタルジーに知らず触れて溢れるものを感じるのだ。


あすは、この面々での締めくくり、64を観たい。


関連記事

COMMENT

No title

こんにちは。

三丁目の夕日、観たことはないのですが
昨日この映画に出ている須賀健太さんを見ました。
大型バス3台で、彼のファンとの交流ツアーのようでした。
折角なのでこの機会に映画も観てみようかな。。

ホントですか

わたしも見たい。
何故なら、この映画で彼のファンになりました。
それまでは、染谷ばかり言ってきたのですが、、、。
要するに、知らなかったのです。
須賀健太少年を、、、。
この映画では、少年でしたがもう青年かな?

よいもの見ましたね。
羨ましい、、、。

また、お気軽にお越しくださいませ。

この映画は、とっても良い映画だと思います。
わたしは、感動しました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Movie
PC