カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

沈黙という気配

moon03.jpg

家のカブトムシが昼間は全く気配を見せず、地下に潜り込んでいます。
もともとなにもいなかったかのように、というのはいささか無理で、餌のゼリーの器が空になって転がっています。
食べる物だけ夜間にしっかり食べて、気配は完全に隠しています。
何かが終わってしまったかのように、うら寂しく。

夜中はずっと煩く運動会をやっていたのに、このメリハリは見事としか言いようがありません。

ちっぽけな場所を確かな「沈黙」が支配しています。

「沈黙」という言葉は無言等と違い、わたしたちに何か秘められた企てや静かに進行する予想外の出来事を想わせる(又は期待させる)ものが少なからずあります。

すぐ浮かぶのが、潜水艦戦を描いた漫画「沈黙の艦隊」があります。”Silent Service!”確かラジオドラマにもなっていたはず。わたしは聞けませんでしたが。核の問題や国会で話題にされたことでも有名ですね。湾岸戦争の頃です。
それと同時にすぐピンと来るのが例の「沈黙の戦艦」邦題が似ていて間違えそうです。スティーヴン・セガールものです(笑)、、、寅さん的な定番!スティーヴン・セガールの出発点と言うか、これ以降のセガール作品は、沈黙の~ですよね(笑)、凄い。沈黙シリーズ物です。最初にヒットを飛ばすとこうなります。スティーヴン・セガールのイメージも固まってしまいます。よくも悪くも。ハリソン・フォードはもう少し幅が見られますけれど。

あと沈黙で思い浮かべるのは「沈黙の春」ですね。「環境か経済か」の問題は依然棚上げされていますね。レイチェル・カーソンの考察は、年を経て評価にも変化が出ていますが、(私もこの本自体は読んでいませんが、言及はかなり触れました)、よく言われる「DDTを始めとする農薬などの化学物質の危険性を、鳥達が鳴かなくなった春という出来事を通し訴えた作品。」として、環境運動への嚆矢となったことに違いありません。

そして最後に、”沈黙の遺伝子”(silent gene)です。
そもそも遺伝子の発現と沈黙とは。
iPS細胞への絡み。
一般に知りたい人は、沢山いるはずです。
お題を出したところで


「カブトムシの沈黙」からはじまり、
今日はここまで。

また宜しくお願いします。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
THEME:哲学/倫理学 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Movie
PC