PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

麦秋

bakusyuu.jpg

1951年
小津安二郎監督

初夏である。
「紀子」第二弾にあたる。

笠智衆が何と、紀子のお兄さんやってるではないか!
やたら若いのだ(驚。
しかもである。東京物語で奥さんだった人が、おかあさんなのである。
それは、ちょっと、、、。

原節子はここでも「紀子」なのだ。
どうしても何らかの連続性をどこかに思い入れてしまうが、それでは奇妙な(気まずい)混乱を感じてしまう。
ちょっと、居心地悪い。
もうひとつ、お父さんが、やはり笠智衆でないのが、最後までしっくりこなかった。
次の「東京物語」を先に観てしまっているからなおさらだ。
笠智衆が原節子の義父で、あのお母さんが笠智衆の奥さんで、一緒に浜辺の桟橋を歩く姿がイデアとなってしまっている。もうどうにも修正は効かない。
「東京物語」の方がどうしたって「真の世界」なのだ。

彼女が紀子という名前でなければ、まださほど気にならなっかたはずだが、、、。
ただ紀子はここでも、「お嫁に行かないか?この男はなかなかいい奴なんだ。」
とか「~大学を出て、旧家の御子息なのよ。今は~会社の常務なの。」
などの話は、相変わらずもちかけられる。
取り敢えずこちらは、一段前の下界の姿として観よう、と思う。

ともかく、じいさんがいっぱい出てくる作品だ。
紀子は、にこにこしながらじいさんの横に座っている。
「とってもお金持ちで、一生遊んで暮らしていられるところ、ありません?」
とお見合いの話ばかりでうんざりな彼女がお茶目に聞く。
するとじいさんが応える。
「いやー。いい天気だーっ。」

「やまとは、ええ。」「まほろばじゃい。」

、、、、、静かな光景に染み入る、、、、。

このへんに来ると、もう境界を一歩跨いでいる。
あやうい。
このあやういじいさんたちの存在が、濃密な緊張感を維持してゆく。
例によって、境界界隈の光景が挿入され、、、。
大仏だ。
そして誰の隣にも、いつだって紀子が、菩薩となって慈悲の笑みを湛え座っている。

そうだ、彼女は救済に来たのだ。
56億7千万年待たずとも。
すでに、そこにいながらにして、まほろばであった。

じいさんは、耳が聴こえないのか、聴こえているのか定かではない。
しかし、余計なことなど聴こえすぎないほうが、肝心の声が聴こえるというもの。
、、、即身成仏。

しかしそれを身を持って体現している笠智衆が、今回やたらと若い。
何と、ひとを叱りつけたり、子供に怒ったりもする。
ドリフの加藤茶に芸風が一瞬ダブルところもあったりして(あの麩の執拗な開け閉め)、思わず頬が緩んでしまうがちょっと残念ではないか。そういうお茶目は期待してない。
しかし、すでに枯れているため、脂ぎった演技は無理である。
やはり、笠智衆は兄であっても、いつしか父親的な存在に落ち着いている。
であるため、父親役の役者が霞んでいた。
本来、笠智衆が語る語り口を踏襲しているが、板についていない。
特にその父親役が、あのお母さんと並んで座って話しているところなど、パロディを観る思いがした。

これは無理もないと言える。
こちらは、時間軸を逆に観てもいるし。
笠智衆の演技とも何とも言えぬ身体性に感化されてしまっては、、、、。


じいさんだけでなく、紀子女子会もかなり見られた。
「ねーっ」
が、頻繁に発せられた。
「ねーっ」は、なかなか普通聞けない。
特に原節子の「ねーっ」である。

ま、いいか。
パクパク食べる姿もかなり見られた。
原節子の人間的な普通の側面を見せようとしているフシがある。
しかし、原節子は原節子である。
Audrey Hepburnがそうであるように。
ピカソが如何に自分を破り捨てても、新たなピカソの絵は、ひと目で彼の作品と分かってしまう。

やはり存在そのもの、である。
それを観るだけである。
何をやるかではない。
どのようにあるかである。

紀子は一見物凄く突飛なタイミングで、まさかという人(幼馴染)と結婚を決めてしまい、家族全員が色めき立つ。
親兄弟は受け入れ難いが、紀子は良い縁談を蹴って、二つ返事でその申し込みを受け入れる。
彼は研究のため4年間遠方の土地に暮らす為に明日東京を発つのだ。
そんな時に持ちかけられたため承諾してしまったらしい。

人生で重要な節目と言われる行事なんてものは、往々にしてちょいとした拍子で決まってしまうものだ。
何らかの理由や好き好きや価値観を細かく付け合わせて、その分析結果で物事が決まるということはない。
どんな場面においても。


何処に行って誰に嫁ごうと紀子は紀子以外の誰でもない。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック