プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

レディ・グリニング・ソウル ~デヴィッド・ボウイ

Bowie.jpg

”Lady Grinning Soul”
「アラジン・セイン」のなかの大好きな一曲。
”デトロイトでのパニック”を目当てに当時よく聴いていたのだが、後に気づくとこの曲の美しい旋律がいつも尾を引いて残っていた。
”Beware Of Darkness”(ジョージ・ハリソン)と”Perfect Day”(ルー・リード)ともに、わたしの最も好きな曲であり、よく独りで歌ったものだ。(小さな声で歌う曲であることがよい)。
作曲家で前衛ジャズピアニストのマイク・ガーソンの演奏が全面に渡って弾けている。
ボウイの曲のなかでも際立って繊細で美しい、「永遠の刹那」を芳しくうたったものだ。
無常観に裏打ちされた切なくも美しい世界が垣間見られる。

大傑作アルバム「Low」のフィリップ・グラス版もよく聴けば確かに良かったが、バイオリストのルチア・ミカレッリの「Music from a Farther Room」での”Lady Grinning Soul”の独特なミステリアスなカヴァーの艶やかさは、これまた魅力に溢れていた。Ravel の”String Quartet IN F Major”に引き継がれる瞬間もゾクッとさせられたものであった(アルバムでは、「タイスの瞑想曲」が特に素晴らしい演奏であったが)。
ピアノではなく、バイオリン演奏になってもこの作品の魅力は色褪せることはなかった。

しかし何といっても、ボウイの唯一無二のヴォーカルである。
勿論、彼というコンポーザーあっての、この曲であるが。
ヴォーカリストとしても、ルー・リード、ゲーリー・ブルッカー、ピーター・ゲイブリエルなどと共に、有り得ない魅力を放つ。
その最たるものが”Lady Grinning Soul”に凝縮されている。
またマイク・ガーソンのピアノがボウイの声に、実にビビットにしなやかに絡み纏う、、、。
「アラジン・セイン」は名曲ばかりであったが、マイクのピアノ演奏でかなりの高密度の作品となり得ていたと言える。

”デトロイトでのパニック”聴いた後で、夢心地にされてしまうというのも、ボウイならではのマジックであろうか。
マイク・ガーソンの卓越した技術の支えで、曲想の自由な表現が保証されたところは大きい。

ちなみにボウイで一番好きなアルバムは、「Diamond Dogs」である。
彼のアルバムとしては評価は低いが、わたしは大好きだ。
生半可なSF映画を見るより、遥かに衝撃度と充足感が残る。

考えてみれば、ボウイは本当に優れたアーティストであった。
あの大絶賛を受けた”Low"を出した後、生意気なパンクロッカーたちに、ボウイはあれを発表した後すぐに死ねばよかった、などと言われてきたが、しぶとくよく生きたと思う。
そう、ブライアン・イーノとの共演・共作も、世界を拡張する素晴らしい展開を魅せた。
山本寛斎を着ていたが、かなり東洋文化にも感度を高めていたようだ。
「映画」にも出演していたが、こちらはまあ坂本龍一が出るのと同様のスタンスであったか。
”Low"以降も次々に自分のスタイルを壊し、新たなスタイルに挑み続けた。
この点では、ピカソに比較しうる芸術家である。
(彼は、あのクラフトワークにもほぼ唯一認められた存在で、彼らのスタジオを使わせてもらっていた)。


旧友マークボランの事故死を受けて、彼の残した幼い子供が大学を出るまで見守りその学費を全て出していたことは、あまり知られていないが、事実であるようだ。
(イギリスで最も学費の高い名門校である)。


ここに挙げたうち、ジョージもルーも亡くなって久しい。
ボウイも1月10日に帰らぬ人となった。
69歳。
癌と18ヶ月間の戦いであったという。


ただ、淋しい。


関連記事

COMMENT

No title

GOMAさん、こんにちは!
お加減いかがですか?
血圧が高い・・・という記事を読んで心配ですが
どうぞ養生なさってください。

デヴィッド・ボウイはあまり知らないのですが
それでもデヴィッド・ボウイ以降の歌手に多大な影響を与えているのは知っています。
何でも先駆者というのは素晴らしいと思います。

No title

ご無沙汰しております。

本当に・・・ただ淋しいです。
今日一番の衝撃的なニュースでした。

生者必滅のならいを感じつつ、
しかしⅮ・ボウイと同時代を生きられた不思議に
今は感謝したいと思っています。

おっしゃる通り、確かに先駆者です


> 血圧が高い・・・という記事を読んで心配ですが
> どうぞ養生なさってください。
ご心配かけます。とっても高く、ボワッとピリピリしています。
あまり動いてはいません。
イライラしますが、良い映画があったら教えてくださいね。
落ち着く綺麗なものが、良いです。
>
> デヴィッド・ボウイはあまり知らないのですが
> それでもデヴィッド・ボウイ以降の歌手に多大な影響を与えているのは知っています。
> 何でも先駆者というのは素晴らしいと思います。

全くです。様々な意味で、影響を受けたヒトは星の数ほどいると思います。
是非、彼の曲お聴きになってください。
この記事の表題曲は、素敵です。

では、またお待ちしております。
ありがとうございました。

本当に、何と申しましょうか、、、


> しかしⅮ・ボウイと同時代を生きられた不思議に
> 今は感謝したいと思っています。
まったくです。

自分の中に一番鳴っている曲がボウイの曲です。
この記事の表題曲ですが、その他にもいくつもあります。
「ダイヤモンドの犬」なんかも体質にホントに合いました。
クラフトワーク寄りになった時期(Lowなど)も勿論良かったですが。

親戚に顔だけですが、似ている人がいて、少し身近に感じるアーティストでもありました(失礼。

また是非、お立ち寄りください。
お待ちしております。
ありがとうございました。

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界