PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ストレイヤーズクロニクル

Strayers Chronicle

Strayer's Chronicle
これも小説が元(原作)にあるらしい。
が、興味はない。
映画を観る目的である。
本は読むべきものが山ほどある。
追加候補はいらない。
瀬々敬久監督2015年度映画。


染谷将太つながりで。
と言うより、彼の演技が見たくて昨日に引き続き、これを観た。
この話も極端な設定(荒唐無稽)で面白い。
しかし、設定だけの駄作がいかに多いか。
しばしばそれに腹が立つ。
許せない!と心底思ったりするが。
そんなことは、どうでもよい。

しかし、、、
これはよかった。
何がよかったか。
多分、岡田将生が染谷将太くらいよかった。
まず、そこだ。

他のキャラも若さでよく動いていた。
みな雰囲気があり、個性的で嫌味がない。
そうそう、寄生獣にもSAT中隊長役で出ていた豊原功補が何とも言えない役で結構動いていた。
中隊長の時より、人間味のある役で、首も切断されず生き残る。
染谷や岡田とともに、よい味を出しているが、中間管理職的役に固まりつつあるような気もする。
しかし、逆に役者として、そこが強みにもなり得るだろう。
かなり個性を印象づけて来たバイプレイヤーに思える。

染谷は器用だから、何でもこなすが、
すべて高密度なキャラに作り上げてしまう。
他には神木君くらいかと思っていたら、これからは、岡田くんもだ。
人物のこころの動揺や葛藤がよく伝わってきた。

なんというか、
以前誰かが言っていた。
映画は、ストーリーや絵面の前に、まずキャラだと、そんなことを。
キャラが個々にしっかりあるものは、確かに面白い。
アベンジャーズや戦隊ものに人気があるのは、そのためであろう。
(淀川さんは、そんなことは言わないな。若い評論家の誰かだ)。

今回は、
敵のボスと赤レンジャーがとても魅力的であったことになる。
「女子ーズ」みたいに最初からクサイパロディで狙いすぎたのは、別の面白さは期待するが、そこは特に面白くも何ともない。
ともかくキャラの濃さ、面白さだ。
しかし、そのキャラも続編、続々編を通して、いよいよ熟生して来ると思われるのだが、この映画はみな死んでしまうので、それは叶わない。「メン・イン・ブラック」は無理。
黒島結菜だけは、生き残るようだが。
彼女の遺伝子を受け継いだ子供が、やがて、、、という映画は無理すれば作れるか。
アベンジャーズの一員にでもしてもらうというのも、ひとつハリウッドに持ちかけてみては、、、?

ともかく、キャラを練ること。
それを充分に利用して、話が支えられる部分は大きい。
プロット、ストーリーを豊かにする。
個体的にも見る者を惹きつけてやまない。
女優で言えば、、、
宮崎あおい二階堂ふみ(このふたり、かなり似た感じだと思うのだが)のような、「わたし何かもってるのよ系」のヒトは、やはり付加価値は高いであろう。
出ただけで、観る側にどこかありがたさを与えてしまう。
女優やめたら新新興宗教の教祖になるのもよいはず。
事務所との契約期間中にはじめてしまっては、干されるだけだが、、、
(いらんことを言って、すぐに脱線してしまう(爆)。

アゲハチームの殺傷力が云われていたが、銃で撃たれて死んでしまうのならば、銃携帯の普通の人の方が強い事になる。
敢えて遺伝子操作や親へのホルモンストレスを加えてそんな人類を作るメリットがあるのかどうか。
細胞分裂速度が速すぎて、20前後で死んでしまうというのも、差し引きすればデメリットしか残らないないように思えるが。
人間ある歳までは、生きないと分からないということが、残念ではあるが、ある。
時間の長さより質であろうが、絶対的に必要な長さはというものはあるのだ。
植物をイメージすれば判る生長だ。
これなしには、意識内容の認識・記憶を身体性にまで蓄積できまい。
花を咲かせ葉を茂らせる養分として。
遺伝的継承のためにも。


最後、あまりにまともに、そのまんまに、染谷くんが燃やされてしまうのには、拍子抜けした。
黒島さんあたりが、度肝を抜くようなアイデアでも出してどんでん返し、というわけにはいかなかったな。
確かにこの映画、伏線も弱いしひねりも無い。
その意味で一本調子であった。
だが、そこは若手キャストのフレッシュさと個性で飽きることなく魅せてくれた。
高月彩良は少しあっけなく死んでしまった感がある。
もったいない気がするが。


しかし、リリカルで良い雰囲気の映画であった。
ゲスのなんとか乙女とかいうミュージシャンのテーマ曲は耳に残る。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック