PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

寄生獣 完結編

kiseijyu.jpg
前後編でひとつの作品であり、かなりの大作である。
わたしもかつて読んだ(見た)岩明均の同名漫画を原作としている。
2015年。
山崎貴監督映画。
「リターナー」を昔作っている。

「チャッピー」よりこっちの方がよかった。
熱かったというべきか。
よくできていた。
パラサイトを介在させることで何より「生命」(身体性)を強く打ち出した映画となっている。
「意識」ではない。
「生命」である。
ここが、「チャッピー」と明確に異なるところであり、わたしはこちらをとる!
「前作」でこの続編を大いに期待させたが、予想以上の出来であった。

キャストがまたよい。
染谷将太と深津絵里の圧倒的な存在感。この2人プラスミギーの3人が主役と言えよう。
特に深津演じる理知的パラサイトには揺り動かされた。
生命と母性は切り離せない。
愛情の静かな発現の場がとても美しく愛おしかった。
kisei002.jpg

パフォーマンスキャプチャーでミギーになりきる阿部サダヲ、恋人の橋本愛、さらに最強の敵を演じる浅野忠信。
北村一輝の演説姿も良かった。彼が人間だったことには、驚いた。
東出昌大の不気味でタフな作り笑顔もやみつきになる魅力があった。
余貴美子や 大森南朋、國村隼など、実に燻し銀の芸達者で厚い布陣を敷いたものだ。

脚本も丁寧に練られたもので、人とパラサイトの間の複雑な関係性を説得力あるものに描いている。
尋常でないディテールに至るまで伏線を張っていることで、その厚みは素晴らしい。
浅野忠信の最凶パラサイトがピアノで奏でる「亡き女王のパヴァーヌ」も、強靭な線で最期の決戦にまで流れ込む。
人間もパラサイトにおいても、個別性はやはり存在の数だけあるという事実もしっかり押さえられている。
よくある一枚岩の侵入者というものではない。
であるため、自分たちの組織化と人類との共存に、高い知性を持つ深津パラサイトも苦慮する事となった。

演出もVFXが多用されている事を忘れさせる見事なリアリティを現出させている。
かなり奇怪でグロテスクな形や動きがあっても、文脈の中では自然な緊張を保ち、それが浮く場面など全くなかった。
テンポの良さは申し分ない。
実際、ミギーの、他のキャストとの距離感の掴みかたはかなり難しいものであったはずだ。
彼の視座は、右手にある。
阿部サダヲは顔を見せない主役を器用に、こなしていた。
流石と言う他はない。
kisei001.jpg

橋本愛とは染谷は、「告白」でも特異な共演を果たしていた。
ここでも「生命」を基調に流す、若い男女の関係を妥協なく表している。
2人の変化と結びつきも、ミギーに深津パラサイトとの関係もその流れは繊細で濃い。
題材は特殊な設定にとってはいるが(SFはそれで本質を純化しようとする)、ドキュメンタリー映画よりリアルで、まっとうなストイックさがある。
であるから、こちらも真剣に深く、入り込めた。

kiseijyu003.jpg

「われわれは、お前たち人類の子供なのだよ。だからあまりいじめるな。」
深津さん演じるパラサイトが最期に聖母マリアの如くに見える。
こんな重いメッセージを不意にくらって、どうすればよいのか?

この完結編、特に秀逸である。
原作との関係でどうのと言う前に、これほどよく出来た邦画は、そうはない。



関連記事

COMMENT

No title

こんばんは!

いつも私の拙いブログを見に来て下さって、ありがとうございます。

寄生獣は、私も昔から大好きな漫画で、何回も読み返すほどのはまり様でした。

ミギーとシンイチの関係、田村良子(でしたっけ?)が生んだ赤ん坊をシンイチに託すシーンなど、何とも言えない心境になる素晴らしい作品だと思います。

私は映画版は残念ながら公開期間に間に合わず、観ていないのですが、とても秀逸な作品だったのですね。

地上波で放送しないでしょうか。一度観てみたくなりました。

Re: No title


> いつも私の拙いブログを見に来て下さって、ありがとうございます。
貴重な曲を探しに行かせてもらってます。

> 寄生獣は、私も昔から大好きな漫画で、何回も読み返すほどのはまり様でした。
わたしも、借りて夢中になって観ました(笑。

> ミギーとシンイチの関係、田村良子(でしたっけ?)が生んだ赤ん坊をシンイチに託すシーンなど、何とも言えない心境になる素晴らしい作品だと思います。

すべての絡みが細やかで重厚ですね。
全体の流れがしっかりしていて、よくまとまっており、映画の方もよいですよ。
>
> 地上波で放送しないでしょうか。一度観てみたくなりました。
うーん、お貸ししたいくらいですが、TS○TAYAで借りるのもひとつでしょうか、、、。

これは、強力にお勧めします。
是非とも、ご覧になってください。
前後編ともに、申し分ない出来です。
買っても損はありません。(会社の回し者ではありません、念のため)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック