プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月~もう少しお付き合いください

moon02.jpg

"月"のつづき

「ある晩、四辻を歩いていると お月さんが横合からピカピカした短刀をさしむけて 『金を出せ!』
と云うので ポケットにあった金貨を一枚渡した その金貨は 夕方 デパートメントストアーの塔の上にひっついていたのを 梯子をかけて取ったのである 夕方に塔にひっついていた金貨とは勿論お月さんであった」

稲垣足穂



「へんてこの月夜の晩に
ゆがんだ建築の夢と
酔っぱらいの円筒帽子。」

萩原朔太郎



「わたしの足は月かげのたむろである
、、、、、、」

「、、、ひとつの言葉を釣らんとするには、まず倦怠の餌を月光のなかに投じ、ひとすぢの糸のうへをわたってゆかなければならぬ。そのあやふさは祈りである。永遠の窓はそこにひらかれる。、、、」

大手拓次



「月蝕を病む薄明の花
(ああ傷心の薔薇)
おちた果実の腐ってゆく匂い、、、
晩課書を誦す噴水の反復
蛭きは護摩を焚く
園丁の口笛
温室の屋根硝子は曇る
掌に描く冬眠の虫の形而上学
密鉢は蘭の透明な夢を花ひらかせる
おぼろな指さすに環る月暈
夢遊病の月下香
礼拝堂の鐘が鳴る釣鐘草」

吉田一穂



「月の光が照っていた
月の光が照っていた

お庭の隅の草叢に
隠れているのは死んだ兜だ

月の光が照っていた
月の光が照っていた

おや、チルシスとアマントが
芝生の上に出て来てる

ギタアを持って来ているが
おっぽり出してあるばかり

月の光が照っていた
月の光が照っていた」

中原中也


「半欠けの日本の月の下を、
一寸法師の夫婦が急ぐ。

二人ながらに思いつめたる前かがみ、
さてもどくどくしい二つの鼻のシルエット。

生白い河岸をまだらに染め抜いた、
柳並木の影を踏んで
せかせかと――何に追われる、
揃はぬがちのその足どりは?

手をひきあった影の道化は
あれもそこな遠見の橋の
黒い擬宝珠の下を通る。
冷飯草履の地を掃く音は
もはや聞えぬ。

半欠けの月は、今宵、柳との
逢引の時を忘れている。」

冨永太郎


「マンドリンオーケストラで幕が開くと、舞台は一面に真っ青で、そのまんなかにまん円い月がぶら下がっている。三角帽子のピエロがゼンマイ仕掛の人形のような足取りで出てくる。
ピエロの独唱
『昔私は月を見た
今晩私は月を見た
それは昔と同じ月
今も昔も同じ月
これから先も同じ月』
月の独唱
『それから先はどうなった』
ピエロの独唱
『それから先もそれだけさ』
歌が終わると同時に月からシューと赤と青の花火が噴出して、そのまま矢車になって廻り出す、、、、、、黒い幕が急に落ちる。」

稲垣足穂





こんかいはこれにて終了!
まだストックは山ほどありますゆえ。
また、次の機会に、、、。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
月~ほんの一時、月のことを想いましょう

関連記事

THEME:哲学/倫理学 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp