PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フィクサー

Michael Clayton

Michael Clayton
2007年アメリカ映画
トニー・ギルロイ監督・脚本


ケナー・バック&レディーン法律事務所にお勤めの方々、、、。
大変な薬害を齎した巨大企業(被告)の弁護を現在請け負っている。

ジョージ・クルーニー 、、、フィクサー(事務所の、もみ消し専門弁護士)であるマイケル。 息子の親権争いと従兄弟との共同事業に失敗、カネにとても困っている。そこに事務所からアーサーを黙らせるよう圧力をかけられ苦境に立つ。おまけにギャンブル癖もある。
トム・ウィルキンソン 、、、訴訟担当の優秀な弁護士であるアーサー。自分の担当する仕事であったが集団薬害訴訟の事の真相を握り、弁護する被告有利の裁判を自らひっくり返そうとする。マイケルの古くからの親友。
ティルダ・スウィントン 、、、弁護会社法務部ゼネラル・カウンセルであるカレン。被告の過失を隠蔽し、訴訟事件を分の良い和解に持ち込もうとする。その為、アーサーやマイケルの存在が邪魔になる。

物凄くよくある、ドラマに思えるのだが、この映画はこれといったサスペンスもアクションもない。バイオレンスもなければ、コミカルさやユーモアの要素もない上に、ほとんど起伏もない。
巨大な陰謀組織が闇から手を回し、主人公(たち)がどんどん追い詰められ、手に汗握る攻防を繰り広げた末、銃撃されてもちっとも当らない特権的な主人公がものの見事に敵を倒してしまう、といったイメージが直ぐに思い浮かんでしまうパタンなのだが、、、。
逆にこの手のストーリーをもって、垢まみれの既視感から逃れた作品が制作できれば、かなり画期的と言えるかもしれない。


結局ドラマチックな誇張された演出と、主人公の特権的な英雄的要素をとことん削ぎ落としたこの映画は、なかなか味わい深く、じっくり観ることが出来た。
ここには、肝の据わった悪者もいなければ、所謂ヒーローもいない。
既得権を守ろうとする普通の人と、自分の仕事に飽き飽きしたちょっとばかりやり手の人間が出てくるくらいである。
しかも、みんな結構無防備で、さほど計画性も無く、すごく明晰な人もいない。
新鮮というのとは、また別だが、過度な刺激で発散しましょうという類のエンターテイメントとは、一線を画する作品と言えよう。

そう、最近のひたすら刺激を高めて売らんとする娯楽商品に嫌気の指してきた神経には、腑に落ちる。
ここに出てくる人々は、皆先が見えず、不安を抱え、焦り、しくじり、疑いを持ち、怒り葛藤もするが、それらを胸に収めつつ日々の生活を送っていく。
殺し屋は、地味にアーサーを殺し、ソレを指示したカレンは相当にストレスを抱え込む。
更に彼女はマイケル殺しにも同意するが、動揺を隠しきれない。
トイレで自分が守ろうとしていることに対しブルブル震えつつも、顧客へのアドレスには何度も試行錯誤してリハーサルを行って当たる神経質で真面目な姿には、何故か同情してしまうものがあった。
殺し屋は、マイケルが賭博を早く切り上げて出てきた事に慌てふためき、車に仕掛けた爆薬の時限装置のセットをしくじり焦りまくる。
マイケルの車の尾行には失敗するし、マイケルがたまたま外の空気を吸いたくなり夜明けの景色を観に車を離れた時に、突然車の爆薬が破裂する。馬も驚く。(たまたま馬も道端の草原にいたのだ、、、どういう処なのか?)
殺し屋たちは、取り敢えず上手くいったかと、逃げ去るが、、、。
それが一気にマイケルの意思を決め、彼の背中を押すこととなる。

マイケルは、彼が死んだと思い一息ついて公演を終えたカレンの目の前に現れ、アーサーの機密書類のもみ消しと、アーサーを殺させ、自分も殺害しようとした件を不問に附する代わりに金を請求する。
彼女が大いに動揺し、それを受け入れた会話の録音と例の書類を刑事である弟に渡し、企み全ての動かぬ証拠とする。

だがマイケルは晴れやかな達成感など微塵もなく、どうにもやり場のない虚しさを抱えてビルを出てゆく。
最後の、タクシーに乗り何処までという問いに、50ドルで行けるところまで流してくれ、と浮かぬ表情でボソッと返すところが、キメている。(最後に見事なブーツストラップをしている)。


ジョージ・クルーニーが、やたらと渋く格好良く見えた。
そして特筆すべきは、ティルダ・スウィントンの名演技である。
自分たちの利益とプライドを守るため、極限状態まで追い込まれるカレンを繊細に演じ抜き、フラジャイルな心情に揺れるリアルな女性にしていたことは流石だと思う。
彼女でなければ、単に小憎らしい女性悪徳管理職に平板化されていた可能性も高い。


脚本もよいが、それを体現する役者が誰も優れていた。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック