カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

東京物語

tokyou.jpg

1953年度日本映画。
小津安二郎監督。

笠智衆、、、平山周吉(尾道に住む)
原節子、、、紀子(戦死した次男の妻)
東山千栄子、、、とみ(周吉の妻)
杉村春子、、、金子志げ(周吉の長女)
山村聡、、、平山幸一(周吉の長男)
三宅邦子、、、文子(幸一の妻)
香川京子、、、京子(周吉の次女、教員)
東野英治郎、、、沼田三平(周吉の旧友)
中村伸郎、、、金子庫造(志げの夫)
大坂志郎、、、平山敬三(周吉の三男、国鉄勤務)
十朱久雄、、、服部修(周吉の旧友)


デジタルリマスター版がBSでやっていたので観た。
相当きめ細やかな修復が何度にもわたり行われてきたようだ。
オリジナルが焼失してしまったのが痛手であったか、この年代のフィルムであるからか、この画質が限界なのであろう。


以前観たのは、いつであったか?
ローアングルのモノクロ映画であることは勿論。
笠智衆の存在感は脳裏にしっかり焼き付いていたが、、、。


シュールである。

SF映画でもここまでシュールではない。
平凡で普遍的な日常を切り取った世界がこれであれば、もうわれわれは異界にいる。
今現在、何一つ誰ひとり、ことばにしても、この映画に重なってくる要素は見あたらない。
例え紀元前を題材にした作品であってみても、どれも今の人間ドラマに過ぎない退屈なものばかりだ。
小津安二郎の世界は、それらのどれにも全く似ていない。
人類にかつてこんな場所(時空)があったという、たまらない郷愁に駆られるこの超現実性。
あのバス。卓袱台。宿の部屋の前に、二つ几帳面に揃えられたスリッパ。絶えずはためく団扇。蚊取り線香からたゆたう白い煙。
紀子が手に持つ一升瓶。
タルコフスキーのワインの瓶と同様のアウラを纏う。

そして、美しい。
tokyo006.jpg


これほど美しい情感溢れる(シュルレアリスム)映画が他にあるだろうか?
出てくる人々の誰もが美しい。
ことば、所作、立ち振る舞い、表情それらの全てに品格が満ち、優しく清らか。
老夫婦が朝の埠頭を連れ立って歩く姿は、もはや下界ではない。
(といっても、決して冥界ではなく)。
この世界であって、すでに失われた世界なのか、、、。
例えば、アトランティスとかの、、、そんな夢想をしてしまう。

特に原節子 と香川京子のこの世離れした優麗さに、こころが沈静化してゆくのが分かる。
そして浄化されてゆく、、、。
この映画は、高血圧に効く。
いや、病一般の治癒に役立つ。
異次元の特効薬に違いない。

tokyou002.jpg


これから定期的に観て(服用して)いこうと思う。


しかし、笠智衆、原節子とは何者か?

あのおばあさんもとても素敵である。
ああいう人と一度縁側で、茶飲み話をしてみたい。
お湯は、程よい温度に保たれた「魔法瓶」から急須に注ぐ。
やはり茶請けには、お煎餅がよいか。
tokyo005.jpg



今度の水曜日が楽しみ、、、。
tokyou003.jpg
BSの予約忘れずに。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Piano
PC