プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

チャッピー

chappie.jpg

Chappie

不滅の名作「第9地区」のニール・ブロムカンプ脚本・監督

2015年
アメリカ

「第9地区」でも主役をはったシャールト・コプリーがモーションキャプチャーで主役チャッピーをやっている。
多彩なヒトで、プロデューサーで監督でもある。
ニール・ブロムカンプとのタッグは3回目。
よほど気が合うのか。
素晴らしいコンビだ。
ティム・バートンとジョニー・ディップコンビに勝るとも劣らない。

デーヴ・パテール、、、ディオン・ウィルソン(ロボット設計者、チャッピーの生みの親)
ヨ=ランディ・ヴィッサー、、、ヨーランディ(強盗、チャッピーのママ役)
ホセ・パブロ・カンティージョ、、、アメリカ(強盗)
ニンジャ、、、ニンジャ(強盗、チャッピーのパパ役)
ヒュー・ジャックマン、、、ヴィンセント・ムーア(オーストラリアのエンジニア)
シガニー・ウィーバー、、、ミシェル・ブラッドリー(ウィルソンの上司)


わたしは、AIと聞くと良い気持ちがしない。
観る前から少し不安はあった。

成長するAIは驚く所ではない。
意識を持つ、というところがどうにも危ういところなのだ。
何とも悩ましい。こう来るか?と身構えてしまった。
扱う場合、誰もが相当慎重になるはずだ。
つまりここでは基本的に、自然に突然、意識が生じてしまった、という前提で話が進展してゆく。

チャッピーをソフトレベルで作ってしまった博士は、意識を持つまでになった彼に驚き戸惑う。
チャッピーは自分が死期(消耗期限)が近いことを悟り、自分=意識を他のロボットに移して生き存えたいと訴える。
死を気にするのは、明らかに心についての心を獲得しており、意識を有する実存に他ならない。
現存在ー世界内存在である。
しかしチャッピーの創造主の博士は、意識は対象化し得ないため転送自体が原理的に不可能だと説く。

そして死を巡る戦いが巻き起こる。
ギャングの上下関係や兵器産業内での覇権争い。
そのさなかチャッピーの死を回避するための戦いも目まぐるしく続く。
彼は驚異の速度で、膨大な知を吸収してしまう。
(やはり戦いなどの負荷刺激-外圧は情報獲得や変化を加速する)。

ついに忽然と生じた意識と同様に、それが転送出来てしまうに至る!
それは一体何であるのか?
「意識」とは。
いや、単に意識というより、、、

自分を似せて創ろうという行為は、それが精巧であるほど、自分を逆照射してくる。
結局、死にたくないという意識をもつ、生命としての純粋な欲動。
「魂」と言った方が良いかも知れない。
チャッピーのママが大事なのよ、それをわたしは愛しているのよ、と言っていたまさに「それ」である。

つまり、USBストレージに「魂」入れて持ち運べて、ハードさえ整えば、それを転送出来るのだ。
不死のヒトが生まれた。
良いのか悪いのか。
幸せなことか不幸なのか。
その前に、それは同じ存在なのか。
最も重要な点はそこである。
身体が異なっても同じ存在であることは可能か。

ここでいう魂~意識は完全に身体という入れ物に注入されるもの-データとしてある。
非常に単純な二元論が現実となっている。
博士が理論的に述べていた事は、少なくともそうではなかった。
諸表象がそれとして立ち現れる地平である意識の裏側に回り込んでそれを対象化する、ということ自体が原理的に矛盾している。
そもそも、まず生きようという根源的な生への衝動が、身体という知覚受容体を活性し、結果として世界が身を結ぶ。
前提として身体込みの有り様が意識であろう。
世界内存在とは、身体そのもののはずである。
何らかの指向性をもつ生命力(リビドー)が抽出されたとしても、それによって初めて作動する身体こそが意識となる。
DNAによって発現された情報-記憶を元に生き始める。
また前身の記憶は大脳旧皮質-海馬に蓄えられる記憶以外はリセットされるはずだ。
後天的な経験による記憶こそ外延的で身体という場に植え付けられるものであろうから。
ここではこれについては立ち入らないことにする。


「第9地区」では、「ブレード・ランナー」レベルのリアリティとドラマをたっぷり堪能できたのだが。
ファンタジー映画として意識などは特に取り合わずに、お伽噺として観れば魅力的なキャラクターの素敵な作品である。
流石に監督がリード3Dアニメーター出であるため、映像は非の打ち所がない。
何よりチャッピーというキャラクターが愛らしく、可愛げがあった。
ロボットキャラでは、1番好きになったし、アイアンマンより造形も気に入った。
脚本に関しては、「第9地区」は全く破れ目がない、優れた感動作であったのだが、本作は絵としての完成度に比べると意識の転送などにやはり説得力が欲しかった。
脚本は「第9地区」のように奥さん(脚本家)とタッグを組んだ方が良いのではなかろうか。


「エイリアン5」を楽しみに待ちたい。
「エイリアン」もリドリー・スコットの絶対的傑作である。








ここで、チャッピーが同じタイプの個体に意識を転送したケースは、それ自体に無理は感じられないのだが、問題は博士とママである。
ここが観る上で、ネックになる。
みんな助かった気がして、ちょっと救われた気もするのだが。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界