カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ジャンヌ・ダルク

Jeanne dArc

The Messenger: The Story of Joan of Arc

1999年
アメリカ・フランス制作
リュック・ベッソン監督・脚本

ミラ・ジョヴォヴィッチ 、、、ジャンヌ
ジョン・マルコヴィッチ 、、、シャルル7世
フェイ・ダナウェイ 、、、ヨランド・ダラゴン
ダスティン・ホフマン 、、、ジャンヌの良心
ヴァンサン・カッセル 、、、ジル・ド・レ
チェッキー・カリョ 、、、デュノワ伯
パスカル・グレゴリー 、、、アランソン公
デズモンド・ハリントン 、、、ドーロン
リチャード・ライディングス 、、、ラ・イール


ミラ・ジョヴォヴィッチのジャンヌ・ダルク。
神の声を聞く少女であり。
オルレアンの乙女である。
処女でありビジョン(神の姿を観る)の能力ももつ。
男装の美女ということで、ビジュアル的にも宝塚ファンなど彼女に憧れるひとはいるはず。
いや、ベルばらのファンこそ、ジャンヌの信奉者だろう。
と言うより義経贔屓の日本人は、ジャンヌファンは多いに違いない。
この男装ファッションは異端とされる。
軍旗を掲げて勇猛果敢に戦う。
いつも殿で。
最期に焚刑に処せられる。
国を救ったヒロインが。

この後に起きるのが宗教改革である。


この時代フランスは、オルレアンとブルゴーニュの二派に分かれて王位をめぐり激しく対立していた。
そこにイギリスが深く絡み、英仏100年戦争が続いていた。
イギリス優位な戦況に有り、オルレアンが陥落寸前に、少女の率いるフランス軍が奇跡的にイギリスの進行を止める。
シャルル7世を戴冠させることにも見事に成功するが、肝心のパリ攻めで味方に裏切られてしまう。
シャルル7世はまんまと見せかけの休戦協定に乗ってしまい、ジャンヌ達に援軍を送らず、彼女らを陥れてしまうのだ。
休戦協定を結ぶフリをして軍備を整えたイギリス軍=ブルゴーニュ公爵派にジャンヌは囚われ宗教裁判にかけられる。

素朴で無垢な信仰心に姉を惨殺された激越な復讐心と神からの徴を受けたことでもう彼女の進む道は決まったのだろう。
間違いなくジャンヌはそのカリスマ性で兵士を魅了し、大変な武勲を残した。
自分の全てを神に託して純粋にフランスのために戦った。
フランスにとっては聖女以外の何者でもないはずだ。
しかし、この映画では彼女から神性を剥がし、田舎育ちの知能は高いが無教養な娘の側面が描かれる。
ヒステリックで高慢な女に。
ジャンヌは最期に、彼女の全ての行動を支えた確固たるビジョンについても「、わたしの見たいように見ただけだ」と告解する。
ある意味、究極的な自己否定である。
そして彼女が幼い時から慕っていた(観ていた)「あの方」からはじめて許される。
これが救済か?

ひとは知っている物事しか見えないし、見たいようにしか、物事を見れない。
これは、原理的に自明なことだ。
だが、あのようにものを見、風に徴を直覚し、神を幻視することで、フランスを救う事が出来た。
彼女も残酷な現実をビジョンにより支えられて生き抜いてきたのだ。
幼い時の苛烈な経験からこころを病んだという心理学的な病理に落とし込んではそれまでである。
しかしあの告解に追い込む責め苛む言葉、あれは内省ではなく、神の降臨でもなく、悪魔の奸計によるものかも知れない。


1999年カナダで制作されたクリスチャン・デュゲイ監督による、ヴァージン・ブレイドも観てみたい。
リーリー・ソビエスキーの方が聖女らしさを湛えているという噂だ。
ミラ・ジョヴォヴィッチ本人にそれが表現できないというのではない。
この作品のシナリオ及び演出によるものだということは確かだ。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: