PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

今すぐ再起動 フィラエ

philae.jpg

わたしも再起動したい。
(Sleepがまだ必要なのだが)。
フィラエ(Philae)も目覚めたことだし。
チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸し、7ヶ月間スリープ状態に陥っていた彗星着陸機だ。
太陽光がうまい具合に当たったのか?
水星の永久影みたいなところに嵌ってしまったら、目覚めることはないはずだが。

探査機ロゼッタは、何処に彼を落っことしたか、分からなくなっていたようだが、通信がようやく来たのだ。
ロゼッタを通して85秒間、欧州宇宙機関(ESA)が受信できたという。
その時点で、かなりの回復を示しており、ロゼッタ-フィラエ間通信も確立が認められ、これから本格的な探査の開始が可能となった。
2年間の予定で探査を行う。まだまだ、時間はある。

フィラエは、予定では彗星上にしっかり3本足で衝撃を吸収して錨を打ち込み、すっくと立つつもりであった。
しかし、ロゼッタから自由落下して地表で結構なバウンドを2度もした(そのうちの1回は1kmも跳ねた)そうである。
小さい彗星で重力が弱いし、表面が思っていたより硬く、突起部に落ちたため錨は打てなかったようだ。
そしてその後、内蔵電池で彗星の写真などのデータを送ってきたが、電池切れで眠ってしまった。
Churyumov Gerasimenko02


フィラエは、重量100kgである。
わたしより遥かに重いが、着陸探査機としては軽いものだと思う。
人間でも100kgより重い人はいくらでもいる。
両国に行けばかなりの確率で遭遇するものだ。

このような愛嬌のあるメカが彗星上で動き回る姿を想像するのは、楽しい。
これまで、何台のプラモデルを作り、壊れ手放してきたものか?
フィラエ着陸探査機はその延長線上で宇宙の彼方にポツンといる。

ロゼッタはあのロゼッタストーンからとられた名前だという。
その石碑の分析によって、古代エジプト文明の解明が進められた。
彗星は太陽系初期の姿を保っている。その解析から判明する事実とはどんなものか?
さらに大きな謎が紡ぎ出されるかも知れない。
まずは、フィラエによる精査を待ちたい。
フィラエには科学観測装置が9種類乗っている。
パノラマカメラやX線分光計、ガス分析装置、磁場観測装置、表面を約20cmの深さに掘り試料を回収し、フィラエ内部の分析装置で分析する装置もある。
彗星の周回軌道に乗っている母船ロゼッタは、発した電波が、彗星核によって反射・散乱される様子から、その内部構造を探ることになっている。

当初、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星はその形から、地球外微生物の存在も期待されていた。
確かに変な形だ。(多分「どっから見ても変な形」)。
ESAの発表が楽しみである。
(NASAではない)。

Churyumov Gerasimenko



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック