プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

チャーリーとチョコレート工場

Charlie and the Chocolate Factory

"Charlie and the Chocolate Factory"
原作は児童小説とのこと。
ファンタジーであるが、児童が見るにしては、ちょっと苦すぎるか?
映画は、ティム・バートンとジョニー・ディップ推薦のフレディ・ハイモアのタッグである。
とても若い俳優だが、ジュニー・ディップがやってもきっとこんな感じだろうな、という演技であった。
(不思議の国のアリスの帽子屋とダブって見えてしまうのだ)。

この作品でティム・バートンが思い切り遊んでいることが分かる。
数々の名作映画へのオマージュと受け取れるシーンがたくさんあった。
わたしは、映画に疎いためそれほど見つけられないが、通はにんまりしっぱなしであろう。

私自身、チョコレートには目がない。
しかしチョコにしても「チョコレート」という映画は、さほど馴染めなかった。
だがこちらのチョコレートときたら、もうチョコレートそのものが即物的に止めどなく溢れ出してゆく。
呆気にとられるチョコレート三昧だ。
チョコのハイパーテーマパークと言ったほうが良いチョコレート工場と言えよう。


この主人公ウィリー・ウォンカはかつて流行ったアダルト・チルドレンか?
ストーリーは彼が自慢のチョコレート工場を子供達(その保護者も)に見せて回る中で奇想天外な展開をみせるものだ。
ウィリー・ウォンカは父に対するトラウマを抱えチョコレート工場を設立したが、それにまだ囚われている。
会社の後継者をいよいよ決めようというとき、クジで拾い上げた5人の子供たちの中から選びだそうと思いつく。
何故か世界中から集まった子供たちは個性的というより、揃いも揃ってとんでもない連中だ。
貧しい家のチャーリーだけがまともである、どう見ても。

5人の中から選ばれた1人がとんでもない副賞を得られるということから、大変なサバイバルゲーム(”ハンガーゲーム”が記憶に新しい)が繰り広げられるのかと思いきや、単にとんでもない子供たちが自ら自滅してゆき、チャーリーが普通に見学していたらただひとり残ってしまった。
「残っているのは君だけか?」「うん、そうだよ。」「じゃあ君が優勝者だ。」
これほど簡単な勝ち抜き戦は見たことない。

その間面白いシーンは目白押しであるが、特にウンパ・ルンパの多彩なミュージカル・シーンである。
ウンパ・ルンパ役の役者ひとりの多重合成で成り立っているにしても笑えるというより、徹底したダークコメディのほろ苦さが味わえる奇妙な楽しさである。
参加した子供が消えるたびに、ミュージカルが始まる。これは、見ていてクセになりそう。
サウンドもそれぞれに懐メロ調で、もう勝手にやってという感じ。

ウィリー・ウォンカはチャーリーに工場を継がせる(とんでもない副賞)にあたり家族を捨てる条件を出す。
家族思いのチャーリーにそれができるはずがなく、にべもなく断られる。
これが理解できず落ち込むウィリー・ウォンカであったが、チャーリーに父親との和解を助けられ、気持ちが変化してゆく。
父がどれだけ彼のことを思っていたかを知る事になる。
後継者選別ツアーでチャーリーと出会うことにより、ウィリー・ウォンカ自身もトラウマから解き放たれてゆくことになった。


最後は、再度のウィリーからの申し出に、チャーリーは自分の家族と一緒に暮らす事を提案する。
チャーリーはチョコレート工場を得て、ウィリー・ウォンカは家族を得た。
めでたし、めでたし。


おしまい。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp