PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

マイブルーベリーナイツ

night.jpg

ウォン・カーウァイ監督の映画。
ノラ・ジョーンズが主役。
ミュージシャンとしては、CDなどは聴いていたが、女優として見たのはこれがはじめて。
彼女にとっても、はじめての主演らしい。
そう言えば、恋する惑星も、主演はフェイ・ウォンでミュージシャンだ。
(6枚ほどCD持ってる)。

ミュージシャンを主演に使いたい人なのか?
劇中の選曲もしっかりはまっていた。
音が大切にされていることは分かる。

夜の映像-色彩が特殊だ。
ネットリ感がある。(恋する惑星の時のように)。
話も、ウォン・カーウァイの世界だ。
スタイリッシュだし。
アメリカ人キャストであるが、何故か香港的。
ジュード・ロウもアメリカンというより、神経が東洋的な感じがした。
他の人たちもアメリカ人なのにマッチョ感が薄い。

ジュード・ロウ経営のカフェから始まり、ひとまわりして1年経って元のところに戻ってくる。
ノラにとって一種のイニシエーションか。(いや二人にとって)。
離れている間、離れるほどジュード・ロウとノラ・ジョーンズの絆は深まってゆく。
それは、宛先だけを書いたノラの近況を伝える手紙のせいだ。
こういう関係がお互いの想いを濃密にさせる。
「電話よりこちらの方が気持ちが伝わるのよ。」
わたしも絶対にそう思う。更に、、、
メールやSNSでの頻繁なやりとりは、何でもリアルタイムに情報を伝え合っているように見えて、非常に関係は希薄化している。
会ってもお互いに面白くも何ともない。その存在の重みが失せている。

彼女が旅先で親しくなる人たちは、みな関係性に悩み苦痛を抱えている。
ノラ自身も発端は失恋からである。
他者との絆をどう取り結んでゆくか。
彼女はほぼ1年の月日を見ず知らずの人との関わりを通し、彼らがあるべき自分を見出し決断してゆく凛とした姿を見届けてゆく。(なかにはそれが死であったりもする)。

考えてみれば、かなり突出した個性にばかり出逢っている。
特にナタリー・ポートマンのとがったギャンブラーとの関係等。
2人が車に乗ってそれぞれ自らの道に分かれてゆく、アメリカの広大なハイウェイがまた心地よい。
彼女にも決断(新たな選択)の時がちょうど良いタイミングで訪れたのだ。
念願の車も手に入れて、待っている彼氏のもとに還ってゆく。
(待っていることは彼女もこちらも当然分かる)。

完全にあるべきところに収まってゆくのであるが。
そこにゆくには、これだけの体験と時が必要であったことが描かれている。
廻り道で時熟した。


やはり全体の雰囲気がエキゾチックで面白い。
カメラワークと色彩のせいか。
東洋的な精神を感じる言動のせいか。


この監督の味がよく出ている。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック