カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PicNic ピクニック

picnic.jpg

3人で世界の終りを見に行く話。

CHARA彼女の黒い天使の魅力が全開である。
雰囲気は、”ヴァンパイア”に近いものか。どうだろう?
驚くようなデヴィッド・クローネンバーグ的な悪夢が出てくる。
壁から毒キノコのように現れ、ツムジを責める男。
部屋に放尿しまくる。
カラスを素手で捕まえ、羽根を剥ぎ取りジャケットにして着るココ。
サディスティックでエロティックな職員たち。
グロテスクである。人間の本質である。
こども-天使の世界である。

敢えて境界線上を行き来する事が、とりあえず生きることか?
塀の上しか歩けない危うさ。
ココとツムジは何故か重力感覚がないのか、信じて疑わないからか。
落ちる心配というものがない。
ずっと塀の上を歩き続けてきたからか。
サーカスのピエロみたいに。
まず、この2人は落ちて死ぬことはない。
人を殺したかどで精神病院に入れられている2人。

拘束と自由
死と生
天使と悪魔
それらの狭間を無心に渡ってゆく。
ココとツムジ。

塀の上からは、教会。賛美歌。大道芸。そして鋭い視線。海。防波堤が見える。
ココとツムジは下には決して降りない。
そこは地獄に違いない。
これから救われに行くのだ。
地球の最期を見届けるのだ。


「わたしが死んだら世界もない。」
これは当たり前だ。
世界は同時に消滅する。
パパとママが神様なのも仕方ない。

太陽をピストルで撃つ行為。
神に祈る行為に等しく。

「仕方ないわね。それじゃああたしが死ぬしかない。」
まさに天使である。

ココはツムジノために世界を終わらせてあげる。
カラスの真っ黒い羽根が舞飛ぶ。


終焉はやたらカッコイイとしか言いようがない。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: