プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

9

9.jpg

奇妙な映画だった。
ティム・バートンが関わっているということで観た。
人形(人形たち)が主人公であるが、パペットムービーのようなものではなく、大変動きが細やかでスピーディーなキャラクター映画だ。ピクサスで馴染んでいるあのアニメーションの動きだ。それにダークな雰囲気を与えたものか。


廃墟の光景は見事であった。
今回のCGは質感も際立っていた。
人形も寂しげでうらぶれた独特な個性のある形で魅力的である。
動きの意外性もディテール描写も充分楽しめた。

ストーリーは変わっていた。
特に主人公の9であるが、面白い立ち位置である。
通常ハリウッド方式であれば、主人公が必ず正しい道を選択する。
周囲が誤った方向に進むが、悪戦苦闘して修正しカタストロフ的に解決へと雪崩込む。
この物語はしかし、9はどんどん仲間の人形をこの世から抹殺してしまう流れに落としてゆく。

次々に9が発端となりきっかけを作っては、仲間を暴走するマシンの犠牲にしてゆく。
これが所謂、ヒーローらしからぬ主役なのだ。
マシンに精気(エネルギー)を吸い取られ死んだ仲間を救えると主張し、彼らのことは諦めてマシンを破壊しましょうという声を聞かずに、策を講じようとする。
その間にまた仲間が殺られる。

ようやく、見ている方には皆目分からないが、仲間を救う方法が見つかったと言う。
それを実行に移す。
この時にも、9を疫病神だと批判していたリーダー1が彼を救うために身代わりとなる。
そして、敵のマシンを倒し、手筈通りに装置を起動すると、これまでに犠牲になった人形の魂がそこから抜け出てくる。
9たち残った人形に挨拶などして、彼らはみんなで空高く昇天してゆくのだ。
9たちはそれを厳かに見守る。
9とともに生き残った7が、「彼らは自由になったのね。」と夜空を見上げて囁く。

えっ助かる、つまり元に戻るのではなかったのか!?
ある意味、わたしにとってのどんでん返しであった。
途中から後で戻せる事を前提に犠牲を出しながら戦いを進めていたように映るのだが。
もう誰も死なせないと固い決意をしたのは、最初自分が助けられ世話になった2の時だけである。
ハリウッド映画なら、その後の主人公は、身を呈して仲間を守り抜き互いに健闘を讃え合って終わるのだが。
ほとんど主要メンバー全員昇天してしまい、残ったのは9と彼女の7と途中で発見されたよく解らない双子だけである。
ひどく寂しくなってしまったではないか、、、。
こういうことだったのか?

そして最後の9のことば。
「ぼくたちでこの世界は守る。」
それはよいが、君の采配ではみんなが昇天して救われることになってしまうぞ。
それもひとつの捉え方だが、少なくともこの世界-下界は守れない。

そのうち誰もいなくなる気がした。


究極の廃墟映画であった。
トーンが統一され画像全体の仕上がりに破れ目は一切感じられなかった。
映像としての完成度で満足させる映画であろう。


しかしあのピクサスの「メリダと怖しの森」のような不快感はないとは言え、妙に座り心地の良くない椅子で鑑賞した気になってしまった。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界