PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

閉ざされた森

BASIC.jpg

BASIC
どういう意味なのか?
物語を観た限りでは、まさに「閉ざされた森」であった。
真相は、というか事件の全貌はやはりはっきりしない。
またその目的についても。

一度TVで観ただけで、何とも言えない部分もあるが、腑に落ちないままで終わってしまった。
よくわからない映画である。
また、わかろうという気も起きない。


最後まで観たところで、遡行して考えると主演のトラヴォルタの役-演技にどうも整合性が感じられない。
まずトラヴォルタの物語への入り方がスッキリしない。
当初明らかにトラヴォルタは事故のような感じで尋問をやらされたように見える。
あの組織の管理職に当たっている男に無理やり尋問のスペシャリストとして呼ばれたように振舞っている。
しかし、最後の場面でやはり麻薬捜査をあの軍の演習から行ってきたということがはっきり明かされる。
だが、あの管理職(何という役職だったか)の男の事件への関与は知らなかったとも言っている。
その男に呼び出されるということは、単なる偶然なのか?(仕組んだのか?そうではないように受け取れる)いまひとつよくわからない。
つまりその男がトラヴォルタも引き込もうと思って呼んだというのか?(これは彼自身がその男にも問い正している)。
その偶然に乗っかって捜査が出来たというのか?
(明らかにトラヴォルタも知らなかった事実が発覚している以上)。

つまり、あくまでも演習中に銃撃戦が起こり、4人も不明者が出て、負傷者が1人、死者が1人、黙秘する隊員1人という状況をなんとか打開し、真相を掴みたい(報告書を書きたい)ということで呼ばれたわけだ。
しかし真相のほとんどは彼は予め知っている。
だが、麻薬に関する情報は詳しくは分かっていないことは見て取れる。
ならば、その機に何故、それにフォーカスした上手い尋問をしないのか?
全く意味のない無駄な尋問をしたりそれをやめようとすらしている。

また、そもそも隊員のIDに関する情報を正確に持っていない軍というものがあろうか?
あそこで、隊員が入れ替わっていることに、彼らは本気で驚いていたが、わたしはそのことに驚いた。
それでよく上の立場に立っているものだと。
更に、隊の中で麻薬に関する怪しい動きが察知された場合、わざわざあのような訳のわからぬ演習をやらせる意味が掴めない。
抜き打ちの身体及び持ち物検査すれば、容易に発見できるはずである。
あれは、単に死人を出す可能性のある荒唐無稽で無意味な行為であり、趣味が疑われる。

物語の枠自体に引っかかるものがあり、自然な気持ちで観ることが難しいものであった。
ある事件を関わる立場により、多面的に描写するのは分かるし、それぞれがどう嘘をついているかも、使う言葉などから推測するというのも、あるはずだが、トラヴォルタにとってはある意味、この件は俯瞰的に見られる事柄であり、あのようにガタガタ騒いで慌てたりする類のことではない。どう見ても不自然であった。
また、最初から麻薬に関して巧妙な尋問をしていたわけでないのも解せない。


この物語は、あの女性管が主役となって、彼女の視点から全てを語らせたら、最後の場面まで破綻なくしっかり繋がり、幾度にも渡るどんでん返しの驚きも彼女に寄り添い共感しながら味わえ、観ごたえも十分なものになったのではなかろうか?


トラヴォルタの存在が終始邪魔に思えた。
それとともに、第八なんとかという超越的組織が有り、それがどうとか、というのも何か鬱陶しさを感じた。
陰謀説と同様に。

物事には裏があり、真相があり、超越的な立場が存在し、我々には隠されて有る、というこの観念にだいぶわたしは飽きてきた。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック