プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

よだかの星

yodakanohoshi.jpg

近所に出かけた帰りに寄った○UTAYAでたまたま借りて観た。
宮沢賢治、花巻の祭りなどとあれば、おやっと思い、嵐の日にはちょうど良いかと思ったものだ。
とても迷った挙句であったが、もし借りなければ、嵐の間中ずっと後悔していそうである。
「宮沢賢治」、「よだかの星」などわたしにとって、キラーワードである。
これは、仕方ない。

主人公はモデルでエッセイストでもあり本も出している人だそうだが、知らなかった。
本格的に本を書いている中谷美紀くらいしか女優では知らない。
しかしこの人も、とても清潔感があり、雰囲気のよい人である。
ドキュメンタリータッチの映画ならアクが強くなく、とても合う感じがした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後半、花巻に帰って街を写真に撮る場面が見られたが、全編このタッチで通してもらいたかった。
花巻の昼夜に渡る光景を写真におさめつつ、よだかの星の物語にリンクさせながら淡々と展開するような、、、。

前半の疲れた研究職として、うだうだしている場面や、おばあさんとの長々としたやりとりは、退屈で無駄な時間に思えた。
どうしても物語の展開上(花巻の故郷に帰るための動機つくりの上で)必要なら、10分以内にまとめたい。
それくらいなら耐えられる。
後はたっぷり花巻幻想を宮沢賢治の童話にダブルイメージさせて進めてゆく。
ここは是非大袈裟なCGではなく、昔ジャストシステムから出ていた、幻灯機からの映写のような(紙芝居風の)ものにして欲しい。
絶対にそのような形式が合う。

兎も角、主役の人はよいと思うので、監督と脚本を替え(元も子もないか?)、改めて撮り直して欲しいものだ。
ドキュメンタリータッチのものかと思っていたのだが、全くそうではなく、ロードムービーでもなく、ドラマである。
主人公の女性のドラマだとしても、何がどうなったのかさっぱり分からない。
ドラマチックな展開はないし、淡々とした実写タイプでもない。
(特にプランを作らず、花巻珍道中とかいうロードムービーにしたらすっきりしたかも)。
恐らく脚本が出来ていないため、演出も仕様がなく、それ以前に監督に主題としてのイメージがないらしい。
つまりみんな何が何だか分からず各シーンを撮っていたのだろう?!
父親との思い出も、幼馴染とのやり取りも、どれも空虚で掴みどころがない。
役者も何だかわからず演じていた、、、としか想えない。

今更取材的な要素まで入れるのは辛いが、宮沢賢治とよだかの星に則した映像だけで構成したものが観たい。
パッケージを最初見た感じでは、それに近いものをイメージしてしまった。
これを観てつくづく思うのだが、誰か宮沢賢治作品の目の醒めるような映画を作ってくれないか?
「やまなし」など、どうか?
ヒトの出てこない話である。かなり面白い、いや絶対面白いはずだ。


「鉄人28号」に並ぶどうしたらよいのか分からない邦画にまた出会ってしまった、、、。
早く忘れよう。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp