プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ブリュッセルより愛をこめて ~Close Cover

brussels.jpg

何十年ぶりに「ブリュッセルより愛をこめて」を探し出して、聴いた。
ベルギーのクレプスキュールレーベルから出たオムニバスアルバムだ。
LPをかけるのも久しぶり。
元は確かカセットテープで発売されたものであるはず。(記憶が確かならば、、、怪しい)。1980年に録音されたようだ。LP版はもっと後で出たはず。
一時期、LPを必死でリッピングしてパソコンにためていたものだが、やっていられなくなった。
CD買ったほうが早いとなり、暫くはCDを買っていたが、それも場所をとり、やがてiTunesで購入するようになった。
だが、LPで持っている音源が全てデジタル化しているわけではない。
特別な愛着のあるシングル(特にフラ・リッポ・リッピのファーストSG)や幾つかのEP版など、ほとんど出てはいない。だからといって、その都度、LPを探りには行かなくなってしまった。
保管してある場所が、単にアクセスしにくいのだ。

昨日、あえてレコード棚を調べると、レア物レコードが結構出てくる、出てくる。
最近ちょっと希なほど、新鮮な気分に浸れたものだ。
しばし惚けてジャケットに見蕩れてしまう。
特に、クレプスキュール、ファクトリーものの30cmシングルがたくさん見つかった。
すでに記憶に無く、初めて見るようなものも幾つか、、、。
(他にオランダ、フランス、イタリア、フィンランド、ノルウェー、今話題のギリシャ物など、、、いずれ聴き直して面白いものは報告します)。
結局、広い意味でのロック(現代音楽含む)は、世界各地、人のいるところには何処にも、恐らくはあることを実感した。
わたしはそれらを高校(大学)時代に西新宿まで足繁く通い、集めたものだ。
その西洋(米もあり)直輸入レコード専門店は雑居ビルの2階あたりにあり、隣は進学塾だった。
そこで、ブライアン・イーノプロジュースの”ノー・ニューヨーク”最後の在庫1枚をギリギリゲットしたことは、今でも覚えている。
まるでアイドルタレントのようにトレンディーにキメた女子高生(だと思う)にすんでのところで持っていかれるところだった。
こっちははるばる長距離を電車に乗って買いに来ているのだ。
ちょいと出かけて訪れました風な娘に負けてはいられない(笑。わたしの武勇伝である?(基本バーゲンセールのオバタリアンと同じだ)。
勿論、”ノー・ニューヨーク”は想像を遥かに超える絶品-収穫であった。
本当にラッキーであった。
何を話題にしていたか?そうだ「ブリュッセルより愛をこめて」である。


純粋無垢な鋭いナイフとなって突き刺さってくるヴィニ・ライリー( The Durutti Column)の2曲がどうしても際立つが、ソフト・ヴァーティクトのThe Fosse(後にClose Coverに改名)が、わたしにとって特別だ。
よくそれをBGMにして、トリスタンツァラの「近似的人間」の朗読をしていた?!
単なる趣味だ(笑。
しかし実に合う。もしお暇があれば試されたし(笑。

それから何よりトーマス・ドルビーの"AirWaves"にハッとした。
一際瑞々しい感性に煌めいている。
トッド・ラングレンばりの極上ポップセンスだ。
初めて聴いたような感動を味わってしまった。(大丈夫か?)
(彼はシンセサイザー奏者・プロジューサー、様々な音楽配信システムの発明家だけではない)。
最近、こんなしなやかな曲を聴く機会がほとんどないことに気づく。

それから、ハロルド・バッド。マイケル・ナイマン。
ソフト・ヴァーティクト(WIM_MERTENS)の様式美とはまた異なる趣のミニマム・ミュージックである。
リリカルという言葉はハロルド・バッドのこんな曲のためにあるような。
マイケル・ナイマンのいかにもミニマム・ミュージックというなかにも感性の冴え渡る曲。
ア・サーティン・レイシオ。懐かしい、としか言えない。
ビル・ネルソン、アンテナを久々に思い出した。

エリックサティをバックにしたジャンヌ・モローのインタビュー、ヌーベルバーグ・シネマ気分になれて得した気分である。NYで神と奉らえていたブライアン・イーノのインタビューもあり、理知的なイーノの軽やかな語り口がBGMに不思議な感じで溶け込み心地よい。
なかなか趣深い楽しい企画である。

オムニバスアルバムでA面からD面まで4面を、ターンテーブルに塩化ビニール版をひっくり返しながらじっくり聴くという身振りを本当に久しぶりに味わった。
良いものである。と同時に気づいたのは、音がとても良いこと。
さらに何故か、贅沢な気分であった。
近頃、パソコンでiTunesから聴くことが多かった。
音楽に対し、何もせずターンテーブルを眺めながら聴くような向き合い方をしていなかったのだ。
音質だって、パソコンにつないだスピーカーでは限界が大きすぎた。


何とも、とりとめのないことばかり書いてしまった。


ヴィニ・ライリーは3度目の脳梗塞の発作に倒れ今現在も闘病中だ。
他人事ではない。
(世界中のファンからの募金を甥が最近まで募っていたようだ。一段落はしたのだろうか。ゆっくりして欲しい)。




フラ・リッポ・リッピ。イタリアルネサンス期の画家であり、ボッティチェリの師でもあった人ですが、何故それをデュオの名前にしたのかは知りません。(そこまでは興味ないので)。
彼らは、マイルドでハートウォーミングなポップデュオとしてアメリカでもヒットしていましたが、デビュー時は何と、ノルウェーのジョイ・ディヴィジョンと言われていました。
もう、淡々としてシンプルでひたすら暗く、ゴシックロマンしていました。
危ういほど剥き出しの感性で、このまま行って大丈夫なのかと不安になるようなデュオでした。
ですから、初期がとても大事ですし、ある意味、レアーです(笑。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界