プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最高の人生の見つけ方 The Bucket List

bucket list
The Bucket List
2007年
アメリカ

ロブ・ライナー監督

ジャック・ニコルソン、、、エドワード・コール
モーガン・フリーマン、、、カーター・チェンバーズ


エヴェレストに登山する男の意味が最後まで見て明かされる。
非常に粋な秘書だ。
終始大物二人を絶妙にサポートしていた。

ジャックニコルソンとモーガンフリーマンの二人が出ているだけで、もう何故だか感動モードに入っている。
この両者の存在感、尋常ではない。
スターとはこういうものか?
つくづく感じ入るものである。

病室での出会い。
(わたしにこんな出会いがあるだろうか?)
自分の病院経営理念から個室を作らなかったことで、全く出会うはずもない二人が出会う。
一代で巨額の富を築いたが家庭に恵まれなかった男と子供ができたため学者になる夢を諦め只管家族に尽くしてきた男。
二人とも末期癌で余命6ヶ月の宣告を受ける。
最初は啀み合っていたが、そんな場合ではない。
それに大人しく最先端医療に身を任せてその後を静かに送る、というタイプでは2人はなかった。
やり残したことは無いのか?
不可避的にこれまでの自分の人生が対象化される。

”The Bucket List”棺桶リストを実直な男が密かにつけだすと、孤独な富豪が大いに悪乗りしてくる。
それをうんと威勢良く誇張して富豪の自家用ジェットで世界中を旅して、リスト項目を一つずつ潰してゆく。
それが思い切りバカっぽく楽しく爽快な旅となるのである。

モーガンのカテーテルが外れる事故があり、ジャックが心配する妻と家族が待つ家にモーガンを帰すことにする。
しかし、帰り道に寄ったのは、絶縁状態のジャックの娘と孫の住む家の前だった。
ここで、ジャックは激昂し、一旦ふたりは別れることになる。

その後、ジャックの元にモーガンの脳への転移の知らせが入る。
もう手術後は無いことを悟るモーガンがジャックにあてた手紙を彼の妻が渡す。
本当は死後に渡すように頼まれたものであった。
ジャックへのお礼とともに「人生を楽しめ。」である。
モーガンの最後の彼へのお節介である。
彼はその手紙を読み、リストの項目の一つ「世界一の美女からキスをもらう」を実行する。
花を持って例の家に今度は一人で行く。
この場面の描き方、監督の演出センスには、やられた。

ジャックはモーガンの弔辞を読む。
その手のことは生涯にわたって避けてきたことであった。
本当に最期の最期の短期間に親友と呼べる存在を得て、2人はこれまでの人生を更新する。
最高の人生を見つける(この邦題いまいちどうなのか?)

これほどベタな内容で、これほどくるのは何故なのか!
ジャックニコルソンとモーガンフリーマンの二人の演技力と存在感、それは大きい。
秘書役の心憎い気遣い。これも効いている。
監督、脚本のせい、と言えばそれまでだが。
死が普遍的テーマであるからか。

それが勿論基本にあるのだが、この映画それ以上の何かである。
単なるファンタジーを本気に「羨ましい」と実感させてしまう何かである。
本当の映画のもつ力に、まんまと乗せられた。




関連記事

COMMENT

No title

>ジャックニコルソンとモーガンフリーマンの二人の演技力と存在感

そうですね・・
お二人とも
存在に深みがあって
なんとも言えない雰囲気を醸し出される
素晴らしい役者さんたちですよね

あの役を
別の誰かが演じていたら・・・
そう思うと
自ずと答えが出てくるような気もしてまいります^^



ありがとうございます。

本当にそうですね。

ひとは、その存在感に惹かれるのかも知れません。
文もその人そのものを反映しますし。
だからその文に触れたくなる。

リメイクされたとしたら誰がよいだろう、と時折意味なく思う映画はありますが、、、。
あの映画に関しては、考えられません。
まず、あの2人ありきですね。
特に何もしていなくても絵になりますから、あれだけやってくれると、贅沢な気分になりました(笑。


わたしは他に俳優ではPeter O'TooleとRussell Crowe好きです。
女優では、直向きで凛々しいJodie Fosterがいいです。
存在感、雰囲気というのか、、、。
そこに身体性の謎があるように思えます。


EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp