プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

愛・アマチュア Amateur

izabel.jpg

「この男を知っているか?」
「はい、知っています。」「よく知っています。」

出逢ったばかりの記憶を失った自分のことすら分からない男に対して
こう答えきる確信がとても素敵だ。
信仰心のような。

修道院の扉を開いたとたん、警察に誤って銃殺された記憶を失った男。
そこに駆け寄るイザベル(イザベル・ユベール)。

「知っている」とは「信じている」
ということか?

イザベルは、修道院を出て、書いたものはことごとく詩となってしまうポルノ小説家。
書く文は編集長に全く受け入れられない。謂わばキャリアは白紙状態。
イザベルは彼女特有の霊感からひょんな事で出逢った記憶喪失の男を助け匿う。

彼から逃れようとして彼を窓から街路へ突き落とした情婦とも出会い、イザベルは啓示を受ける。
彼女を救わなければならないと。
男はどうやらかつて裏組織にいた危険人物らしいことは知るに至る。
今や彼はその裏組織から狙われる身。
彼の情婦も組織から不正会計のデータを手に入れ組織をゆすろうとしたことから狙われる。
組織の会計係の男も情婦と手を組んだことから組織に狙われ拷問にもかけられる。
危うく逃げ出すが、保護された警察で警官を撃ち、組織から送られてきた暗殺者も撃ち殺し、警察に追われている。
そうして彼らは合流する。

奇妙な逃避行が始まる。
イザベルの霊感から
合ってはならない男と女が再び出逢ってしまう。


舞台はニューヨークというが、ヨーロッパの雰囲気である。
イザベル・ユベールのせいか?
情婦のエリナ・レーベンソンもまるでモンマルトルのキキのようだ。
20世紀初頭のフランスを感じさせる。
彼女の髪型もそれを思わせる。
良い色調だ。

物語の終盤、イザベルのかつていた修道院に彼らは皆で逃げ込む。
彼女はそこで彼の過去をイザベルに伝える。


イザベルは15年間修道院で”神のお告げ”を待っていた修道女である。
彼女は霊感を信じて行動してきた。
記憶喪失の男を助けること。
その男のかつての情婦を救うこと。
それに彼も従った。
僅かな日数であるが、イザベルと男は確かな時間を積み上げ共有してきた。
真っ新な者同士。
お互いに、これまでの歴史は無いに等しい。
まさに何もない時点に出逢ったところからふたりの物語は始まったのだ。


1995年はフロッピーディスクがまだ珍しいものであったか。
そこですでに情報はすべて外部ストレージに記憶された。
本体は空っぽでよい。

お告げ-情報は外からやってくる。

男は空っぽであっても、過去の情報(事情)は別の人間が握っていても、知っている=信じているは別次元のことなのだ。
感じる時には、確かに感じられることなのだ。
天啓のように。

「わたしは知っています。」


この言葉がこれほど重く響くことはない。


ハル・ハートリー監督。
かなりゴダール的な作りを感じた。レオン・カラックス(汚れた血)にも通じる感覚。

また作品を見てみたい。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp