プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ホリーマウンテン

holly.jpg

The Holy Mountain
メキシコ・アメリカ
1973年度作品。
アレハンドロ・ホドロフスキーという監督は有名なので名前は知っている。
だが、作品を見たのは初めてだ。
ルネ・ドーマルの『類推の山』原作
アレハンドロ・ホドロフスキー監督・脚本・音楽・美術・衣裳

アレハンドロ・ホドロフスキー、、、錬金術師
ホラシオ・サリナス、、、盗賊
ラモナ・サンダース、、、婦人
ホアン・フェラーラ、、、フォン
アドリアナ・ペイジ、、、イスラ
バート・クライナー、、、クレン

監督の思想を余すことなく表現した映画なのだと思われる。
古臭さは感じないし、大変お金を使ったであろう凝ったセットである。
すぐに劇中にぶっ壊すが、映画のゴージャスな醍醐味であろうか。
しかし、ショッキングな映像かというと、昨今のその手の映像に慣れた感覚からすると、刺激はそれ程でもない。

ただ、長かった。
辛くなるほどの長さであった。
もう少し短く編集してもらえまいか?

せめて後40分は短くしてもらいたい。
途中で意識が朦朧としてきて、計20回くらいポーズして、飲み物や軽い食事をしたりして、ようやく見終えた。
終わった後はほっとした。
後日、途中から見ようなどと思ったら、まずもう二度と見ないことは確かである。

徹頭徹尾有り得ない街で有り得ない話が進行するが、考えや感覚的に同調できれば映画というものは、いくらでも身を任せて観て行ける。

この映画は、共鳴できるところが1秒たりともなかった。
60年代終盤から70年代にかけてのサイケデリックなカルチャーが強く反映されている。
あの辺のものは、いまでも新鮮さを感じるところがある。(相当魅力がある)。

あの時期のヒッピームーブメントやオカルト、カウンターカルチャーのすべての波動がわたしにとっては、くすぐったくも刺激に満ちて心地よかった。
その頃のもっとも優れた成果は、ムーディーブルースに感じられた。
レッドツェッペリンのジミーペイジもピンクフロイドとムーディーブルースを一押ししていた。
(懐かしい)。

73年と言えば、次の年には、キング・クリムゾンの”レッド”が出ている。
それを考えると、ロックミュージックの方が遥かに強度がある。
刺激は比べようもなく強い。


この映像手法で、有効な破壊力は当初からなかったと思う。
あれば、いまでも普遍的な力を少なくともわたしにも及ぼすはず。

セットや小物、機械などディテールに渡りよく出来ていた。
町並みや建造物も動物たちもフリークスたちも徹底している。
そう徹底したナンセンスにも。
スプラッターなところも含めた監督の偏執狂的な拘りには、見る価値はある。
これほどそれらで、てんこ盛りな映画は他にないであろう。
力作であることは分かる。

しかしボリュームの点では圧倒的であっても、迫るものがない。
普遍性や独自性があれば何らかの引っかかりを感じる。
その点で言えば、わたしにはかなり退屈であった。

エンディングは有名なところらしいが、わたしは最初からその距離で見ていたので、特に何も感じなかった。
ピエール・ド・マンディアルグは小説「大理石」の中盤でそれをやってのけた。
それでも読者のイマジネーションが希薄化しない強度が稠密に保たれていた。

映像が精神にくい込む力は、この手法だけでは限界を感じる。
わたしはむしろ、「船を編む」などのような姿勢に遥かに力を感じる。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp