PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ウィズネイルと僕

Withnail and I

ジョージハリスンが絡んでいる、と言うことで見てみた。
いや実は迷った。
どちらにころがるのか、不安があったのが正直なところ。
(絡むというか制作総指揮だ。ジュディーフォスターがコンタクトで果たした役割)。

しかし見終わってみると、、、。
なんと渋い映画ではないか。
ペーソス溢れる本当に味わい深い作品だ。
人生というものはことごとく、こういうものなんだという感慨がじわじわとこみあげてきた。

淡々とひとの無力さと切なさがあっけらかんと描かれてゆく。
何のドラマもない。
曇り空が広がり、、、。
ロンドンは、あんなに雨ばかりなのか?

何からもとリ残された2人の売れない俳優。
別に売れなかろうが、俳優であろうがなかろうが、寄る辺ない身は誰もが似たようなものだ。
それを意識する度合いによる。
しかし、とてもやっていけないくらいにどん底では、荒むばかりだ。
アルコールと薬に走る。溺れる。

郊外に逃げてみても、何がどう変わるものではない。
あたりまえのことだ。
環境の問題ではない。
却って厄介事が増える。

選択の余地がないのだ。
孤独は誰にもどうにもできない。
プライドも捨てられない。
しかし自分たちは常に一方的に選別される身なのだ。

何であろうが、自己意識(イメージ)がどうであろうが、人は選ばれなければ生きてはゆけない。
認められなければ、一歩が踏み出せないのだ。

やがて僕が役にありつく。
相棒のウィズネイルとは、お別れということになる。
取り残される彼はシェークスピアをひとりで演じ、拍手の代わりにシャワーのような大雨だ。

そんなものだ、と思う。
僕はまたいつかウィズネイルを思い起こすことがあるだろうか?
あっても、思い出したくない記憶かも知れない。
いや、監督の若いころの実体験が元にあるのだとしたなら、、、
何とも言えない苦くも愛おしいトーンに染められた思い出に編集されるのだろう。


ちょうど、この映画のような。


ジョージハリスンの”While My Guitar Gently Weeps”が聴けるというのもこれを観る理由の一つだったのだが。
ほんの数秒遠くのラジオで鳴っていたような気がする。

それはないよな。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック