カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ニュースの天才

news.jpg

文字通り、呆気にとられた。

スティーブン・グラスで”shattered glass”正に、その通り。
「ニュースの天才」という邦題もイケてる。

何でこんな捏造記事を彼は次々に書いてしまったのか。
半端な数ではない。
書いて面白がられているうちに、止めようにも止められなくなったのか。
ランニング・ハイのようにあるところを超えるともうやり続けることが恍惚感にすらなっていくのだろうか。
少なくとも当人にとってかなりの充実感をもって続けられて来たであろう事だ。

勿論、言うまでもなく全てのニュースは作られている。
創作であることからは免れない。
しかし、意図的な捏造となれば立派な犯罪以外の何物でもない。
ちなみにIPCCの地球温暖化のイメージを支える論理的根拠となった例のグラフは完全に犯罪としか言いようのない悪質極まりないでっち上げであった。あれにノーベル平和賞である。ホントに平和なものだ。
(真にノーベル平和賞に値するような人は、そもそも賞になど興味はない。平和賞は廃止すべきだ。)

と考えると、ちょっと前に日本でも似たような出来事があったような気がする。
*保方事件である。
わたしはあれに、まともに騙された。
わたしの代ではダメだろうけど、娘の時代にはきっと立派な医療として確立しているのだろう等と期待を寄せてしまった。
久々の「明るいニュース」に思わずウキウキしてしまったものである。
全く甘かった。勿論それを受け取る自分の責任である。
細部のケアレスミスとか検証における詰の甘さとかいうレヴェルの問題ではなかった。
一体何の実験を行っていたのかという前提に関わる問題であったのだ。
後から後から出てくる事実のくだらなさに、まるで自分の落ち度を確認するかのごとく、ただただ辟易してしまう。
不確かな「ノート」が取りざたされるのもスティーブン同様であった。

しかし、面白い(驚く)のは、当人に何にも悪びれた素振りがないことである。
他の14人の共同執筆者はどうなのか等という責任のとり方の問題ではない。
研究という名に値する事を何も行っているわけではなかったという驚愕の事実。
なのに、あの饒舌な一般向けプレゼンである。
これに関しては道徳や倫理を問う気すら起きない。
全く実体のない場所から何を根拠にあのような希望に満ち満ちた未来像を人々に得々と語り遂せたのか。
この尋常ではないグロテスク極まりない光景-心象に愕然とする他ないのである。


この呆気にとられる感覚が同様のものなのである。

思い切り虚しい映画であった。
考えてみれば、これほど虚しく淋しい思いに晒される映画を見たのは初めてである。
しかし、同様のことが現実にいくらでも起きている。
この映画はその中の一つを見応えのある作品として切り取って見せているに過ぎない。

たまたまデータの一部に対する疑惑から全体そのものの誤り-全くのでっち上げが確認されるに至ったのであるが、全体としてとんでもない誤りであるのに、その枠内での論理は非の打ち所のないというものはいくらでも作ることが出来る。新新興宗教などに見られるものである。記憶-パラダイムを操るSF映画もそこをついている。
実際、スティーブンの発覚までの記事は100パーセントでっち上げのものが、全て編集会議を通ってきたのだ。
これは、考えてみるに恐ろしいことである。
一度、中に入ってしまえば(受け容れてしまえば)、その場からはそれ自体-全体の検証は極めて困難となる。人の目が行くのはことごとく細部の論理関係であり、表現の適切さであり、誤字脱字表記法の誤りの追求だけとなる。それで通ってしまうのだ。まさかそれが本当のことなのかという時点からの確認は、通常しないであろう。やはりよく書けているかどうかから始まるものだ。そしてそれが人々の興味を惹く魅力あふれる楽しいものであれば、手放しで受け取りたくなるものだ。
まさか実験がデタラメであのような発表が出来るとは、よもや思わぬものである。

また一言付け加えておけば、スティーブンの場合、甘え上手で気さくでもあり、同僚からの信頼が篤く好印象をもたれるタイプだ。*保方女史の場合も、ピンクのムーミン研究室に割烹着(これは理研がやらせたらしい)でマスコミもおせっかいに学生時代の美談などを紹介し、好感度をしきりに演出していた。
彼の編集長はギリギリまで彼のことを気遣いつつ、真相を追っていたが、結局クビにする段で部下に敵視されている。あたかも彼が悪者であるかのように。
この無意識的だが意図的なイメージ戦略に気をつけなければならない。(よく見れば穴だらけであることに気づくのだが)。とかく其の辺から人は絡め取られてしまうものだ。

映画の構成はテンポよくスリリングであった。
母校への凱旋講義?が途中何度も挟まれつつ展開していく手法は、虚しさを際立たせる表現において見事であった。



関連記事

COMMENT

祈ります・・。

>一度、中に入ってしまえば(受け容れてしまえば)

あらゆる局面で
云えることですね。

同感です。

また、
研究者間の信頼関係なくば成立しない
共同研究は、哀しいですけれど
ひとつ間違えば両刃の剣という
認識にも立つ必要があるということなんですね。

専門領域外の研究者の知識、技術
或いは課題への斬新なアプローチは
一方で
それぞれ領域外であるがゆえ
グループ内部での互いへの検証が難しくもあり、此処は
慎重の上に慎重を期さねばならないところなんですよね。






電磁界解析ソフトJMAGで、CAE市場のさらなる活性化をリード

Re: 祈ります・・。


>
> 専門領域外の研究者の知識、技術
> 或いは課題への斬新なアプローチは
> 一方で
> それぞれ領域外であるがゆえ
> グループ内部での互いへの検証が難しくもあり、此処は
> 慎重の上に慎重を期さねばならないところなんですよね。
>
新しいアプローチに関しては、特に発明、発見に近いものとなると、難しい問題でしょうね。それが何であるかを巡り。
本当にそう思います。新しい理論に関してもそうですね。アインシュタインは自分の数式をもとに算出された結果を暫くの間、信じませんでしたから。それが何であるか分からないものができた場合、とんでもない間違えなのか、素晴らしい成果なのかも、しばし判然としません。宇宙定数等はまさにそうでしたね。アインシュタインは生涯の失態と言っていましたが、後の科学者たちによって彼の最大の功績に讃えられていますし。

正当な誤りと嘘はやはり本質的に異なると思います。
今回で結構、書こうと思っていたことがひときりつきましたので、これからは前向きな楽しい記事に進みたいと思います(笑
読み難いものをお読み頂き感謝しております。
如何しても書かないではいられなかったことでもあり。

No title

>正当な誤りと嘘はやはり本質的に異なると思います。

まさにそうですね。
(というか誤りはそれほど気にしていません。
研究には付き物といったようなところもありますし)
併し乍、結果論で言えば
意図的に騙されたのかもしれない
と取れなくもなく。
ですが現実問題、互いに尊重し合うのが
研究者間の基本的スタンスであって
(その杜撰さを責めるのは簡単ですが)
そもそもが虚構だなんて
通常であれば、想像すらできないものかと。

曲りなりにも
研究室を主宰するPrincipal investigator、
独立したラボのPIを疑う事自体
まして、実験ノート見せて下さい
なんて云えようもない空気が蔓延している実態もありますよね
それぞれが独立した科学者であり
予算、研究、成果と全て研究者次第の研究組織ですゆえ。

個人的には、採用段階で回避できなかったかと悔やまれます。
審査にこそ時間とエネルギーをかけるべきと申しますか。
その後論文への疑義が出てから傷口をどんどん広げていったのは
理研の官僚型組織体制も敗因のひとつだったかと・・・

なんて
こういう話を始めたら
私も止まりません(笑

GOMAさま
これからも
多才なGOMAさまの多彩なご活躍を
とっても
愉しみにしていますね☆

Re: No title


> ですが現実問題、互いに尊重し合うのが
> 研究者間の基本的スタンスであって
> (その杜撰さを責めるのは簡単ですが)
> そもそもが虚構だなんて
> 通常であれば、想像すらできないものかと。
>
あの件については最初からおかしいと思っていたんだ、という人がかなりいました(出てきました)が、わたしは当初思いっきり期待してしまったもので、その分腹立たしさは大きいのです。
尊重や遠慮もあるんでしょうね。分かります。組織となると大変です。
お互いになるべく余計な気を使わずに済むように、審査システムがきっちりできていればよいのではないでしょうか?
システム上の縛りが綿密にできていれば、心労をかけずに事故や犯罪を回避しやすくなると思うのですが。
素人考えです(笑

No title

>あの件については最初からおかしいと思っていたんだ、という人がかなりいました

確かにそうです
なので敢えて騙されたの?的な。
そして
疑いと積み上げが、科学のメルクマールですし。

総指摘を受けて
四面楚歌な状況をみると
何かしら別の見方はないのだろうかという
思考回路がついどこかで働いてしまう・・・
(敗戦投手の背中に贈りたくなるエール
必ず負けているチームを応援したくなるのにも
幾分似て・・なんなんでしょう、母性かな(笑
いずれにしても
あまあまな私の
悪い癖ですね(涙

>審査システムがきっちりできていればよいのではないでしょうか?

GOMAさまがどのプロセスを指していらっしゃるのか不明ですので
あくまで一般論ですが

研究室主宰者って
博士号を持つ独立した存在なんですよね。
ですので共同研究者でも、実験結果や論文に対して
”不正への疑念”をかけることが難しいというジレンマがあり
さらに
研究者には仮説を立て、それを検証するという
”研究の自由”が確保されています。
(科学史に照らし)仮に
既存の理論から掛け離れた仮説と感じても
そこに新たな発見があるかもしれないと考えるべきというのが
一般的スタンスだからなんですよね・・・。

ガバナンスが効いていない以前の問題に
特許申請の兼ね合いから
閉鎖的に陥り易いが故
科学的議論の場が限定されてくること
さらに
科学技術が国家戦略として取り上げられた頃からは
研究資金の配分問題も絡んできているようで・・・。


なるほど

なかなか一筋縄ではいきませんね。

ところで、まだひとつ分からないところですが。
著名な科学者が自殺しましたよね。
関係者の一人です。

どういういきさつなのですか?
SAKI様にうかがうべきことでもないのですが、、、。

さっぱり分からないので。
普通、わたしはその手のことには全く関心ないのですが、今回の件には疑問がわきまして。

No title

>どういういきさつなのですか?

済みません
わかりません。
いろいろ感じるところはありますが
あくまで想像に過ぎませんので差し控えますね。
ただ、彼が研修医の頃、難病に苦しむ患者さんに接し
研究医を志すようになったという経緯と
彼の輝かしい功績
その論文執筆能力などをみるにつけ
なんとか防げなかったかと無念ばかりがつのります。

そうですね

京大の山中教授の良きライバルだったそうですし。
疲労も大きかったのでは、と思われますが。

わたしは論文読んでませんが。
SAKI様は読まれる場所におられるのですね。

ともかく、何とも言いようのない不鮮明な一連の出来事でしたので、何か納得できることが欲しいというか。
このままうやむやで、忘れ去られるのでしょうね。

後味の悪い茶番劇を観てしまった感は否めません。

No title

>SAKI様は読まれる場所におられるのですね。

世界中の研究者からの要請で
Natureは、論文を
オープンアクセス化していましたし
2012年にScienceに投稿されリジェクトされた際の
査読者コメントまで公開されていました。
(査読者コメントが公になった例を私は他に知りませんので
リークと思われます)

レファレンス協同データベース
国立国会図書館では
彼の博士論文から閲覧(館内限定)可能です。
科学論文以前に
読み物として美しい
そんな印象でした。

美しい文章が書ける人は本物だと思います。


> 国立国会図書館では
> 彼の博士論文から閲覧(館内限定)可能です。
わたしは、図書館が苦手で何でも買い込んで自宅で読まないと落ち着かないのです。
よく、映画などではロマンチックな場所になっていますが。
唯一、大学時代に図書館でジェラールドネルヴァル全集を読みました。
しかし、自分用に自宅に買い込みました(笑

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
出来ればパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: