PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リ・ウファン ~ベルサイユ宮殿 ~鉄板と岩石そして巨大なアーチ

木の葉のざわめき。
月の満ち欠け。
雲の変幻。
昇る朝日と沈む夕日。
群れ飛ぶ鳥影。
これらが、常に見える部屋で過ごしたい。
と想うことがある。

繋がりが欲しいのだ。
自然の鼓動と。
物たちと。


李 禹煥(リ・ウファン)。
pic002.jpg

pic001.jpg

日本の現代美術の牽引者。
ベルサイユ美術館に招かれ。
フランス式庭園に巨大な野外彫刻いや物の構成を行った。
それはまるで大型ビルの建設のようなかたちで進められていったそうだ。

「物派」である彼。
石と鉄の芸術家。
マテリアルな素材に拘る。

物質の持つ意味に触れるため。
そのままの世界の鮮やかさを晒すため。

これだ。


長く薄いカーペット状の金属を敷く。
通ったことすら気付かない程の巨大な金属アーチの下に。
真っ白の小石を敷き詰めた上に大きな石を北斗七星の形体に並べる。
巨大な塀のような鉄板に丈高い木々の葉のそよぎが映り込む。
すぐ傍らで大きな丸みを持った岩石が眠り込む。

廃墟の記憶-破壊されてもなお残存した場を再現する。
そのアート-インスタレーションは、わたしの無意識の希求に共鳴した。

彼の信条は、その場所を輝かせること。
わたしもそういった場所を創ってみたい。
それは取りも直さず、もっとも心地よい場所になる。

物たちが全て自ら煌き立つ「廃墟」に暮らしたい、と時折想ってきた。
勿論、廃墟そのものに暮らすことは叶わないが、そのような部屋をひとつ欲しい。
芸術が生活に一体となった、とかいうアーツアンドクラフツ(ウイリアムモリス)的なものではなく。
もっと物のむき出しとなった姿が自然の中で美しく融合いや連動していることが感じられる場所。
木々と葉の揺れ、日の色合いに鼓動-固有時の休められる部屋が欲しいと想う。
様々な時間を捉えられ、時間を超越できる廃墟。
廃墟としての棲家。

これが理想だ。

リ・ウファンのルーブルの巨大な庭園造形には、触発された。


何らかの形でわたしも造ってみたい。
それがミクロ規模のモノでも、アリかも知れない。

関連記事

COMMENT

No title

>繋がりが欲しいのだ。
>自然の鼓動と。
>物たちと。

似てるのかなって
嬉しくなるんです
緑のシャワーが欲しいって私の口癖なんですけれどね(笑
それとは違いますか
我が家のリビングは東向きで朝陽しか見えません
けれど夕陽の照り返しが綺麗で・・。
何より月が眺められる
窓辺の椅子は特等席です・・・。

>リ・ウファン

言葉にならない
広がり在るメッセージ性が凄いですね
お台場で邂逅致しました。
”水”の扱いにタルコフスキーを想起しました・・・。

>物たちが全て自ら煌き立つ「廃墟」に暮らしたい
眺める廃墟でなく
内に分け入る廃墟がタルコフスキーなら
GOMAさまは
暮らしたいと・・・。

>何らかの形でわたしも造ってみたい。
それがミクロ規模のモノでも、アリかも知れない。

構想があるんですね
こちらも
切にお待ちしています・・・。

Re: No title


> 何より月が眺められる
わたしのパソコン部屋も、そうです。ほとんどそこにいるので、娘たちはパパの部屋だと思っています。
実質的にそうです(笑

> >リ・ウファン

> ”水”の扱いにタルコフスキーを想起しました・・・。
まさにそうです。
毎回、タルコフスキーと言い続けているのも何なので、書きませんでしたが、場所そのものを輝かせる、これタルコフスキー以外の何でもありません。

> 眺める廃墟でなく
> 暮らしたいと・・・。

はい。

> 構想があるんですね

そのうち物理の方から発表があると思われます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック