プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

トータル・リコール

Total Recall
Total Recall
1990年
アメリカ

ポール・バーホーベン監督
フィリップ・K・ディック原作『追憶売ります』

アーノルド・シュワルツェネッガー 、、、ダグ
レイチェル・ティコティン 、、、メリーナ
シャロン・ストーン 、、、ローリー
マイケル・アイアンサイド 、、、リクター
ロニー・コックス 、、、コーヘイゲン
マーシャル・ベル 、、、ジョージ
メル・ジョンソン・Jr 、、、ベニー
マイケル・チャンピオン 、、、ヘルム
ロイ・ブロックスミス 、、、エジェマー


観てしまった。
としか言いようのない映画であった。

シュワルツネッガー主演ならばと、構えて観たが、想像以上のバイオレンス・マッスル・アクションであった。
この場合SFはおもいっきり派手に暴れるための空間作りの枠としてある。
であるから基本はボカスカ殴り合うか、銃撃戦である。
それも極めて激しい。
息もつかせぬ展開にひたすらハラハラドキドキしっぱなしである。

心臓に悪い。
ホラーも悪いが、こっちも大変悪い。
まさか主役は死なないだろうと思いながらも、ここまでやられて大丈夫かと心細くなる。
本当にこれほどの修羅場をくぐり抜けてしまうのは、人間わざではない。

この映画については、ただバイオレンス・アクションの連続を観てもらうしかない。
それ自体がこの映画体験だ。
内容について他に言うべき言葉もない。
と言ってしまえば身も蓋もないので、、、。

あえて言えば、ここでも記憶の操作である。
「記憶」はSF映画にとっては、キラー・アイテムである。
これに絡めた映画が何本あるか。
わたしが思い出すものだけでも、幾つも浮かんで来る。
何れも名作・傑作ぞろいである。

記憶を操ることで、どれだけ人を操り管理できるか、この映画もかなり極限的なところまで追っている。
記憶がインプットされた偽物であり、本当の自分の記憶はどうなっているのか、相手は自分にとって何者なのか。
敵か味方か。
その緊迫感の上での駆け引き、激しい攻防が繰り広げられる。
場所は火星である。
その地を支配する独裁者との戦い。
独裁者は空気までも管理している。
主人公の活躍により、何とかレジスタンスの目的は達っせられるのだが、、、
最期はエイリアンの古代文明が作り出した要塞のような巨大な機械を作動させることで解決する。
何とも決めは、凄い飛び道具だ。
SFの自由度は、スケールをとてつもなく広げることが出来るところにある。

もうひとつ、この映画で大事な時にひょいと手軽に出てくるホログラムである。
あの操作を銃撃戦をしながらどういうタイミングで行っているかは不明だが便利なアイテムである。
(それを言ったら鉄人28号の正太郎くんも立場は危うい)
ここでも主人公は絶対に撃たれないというアクション映画のお約束を守り、めいっぱい大暴れを披露している。
特にシュワルツェネッガーの筋肉が至るところで躍動し、見るからに頑丈そうな金属製拘束具も剥ぎ取ってしまうパワーにはもう脱帽である。
最後にミュータントだった、なんてオチではないだろうなと、途中から心配になったものだ。

おなかの中に寄生?している超能力者というのも異様であった。
レジスタンスのチーフとして身を隠すには良い方法なのか。
凄いアイデアと受け取るべきか、判断不能に陥った。


この映画については、すべて観るー体験するである。
ストリー・内容など取り敢えず考える暇なく、ジェット・コースターに乗せられている。
SFの枠を借りた、ダイナミック・マッスル・バイオレンス・アクションとでも言っておきたい。


そう、これだけは、観ていない人に忠告しておかないと。

この映画観ながら物は食べられません。
あらゆる意味で。


関連記事

COMMENT

No title

こんにちは!

GOMA28さん、一日に何本映画観てるんですか!?

トータルリコール、昔観た時は映像もすごいなぁと思いましたが
最近チラッと観たら、CG映像に慣れてしまった私の目には
違う意味で「すごいなぁ!」と映ったのでした・・・。笑
特殊メイクもCGもすごい勢いで進歩してるんですね!
でも、この映画結構好きです。

ありりがとうございます

> GOMA28さん、一日に何本映画観てるんですか!?
>
大概一本です。2時間観て、30分で感想(笑、です。
昨日は、一昨日いろいろありアップしそこなったので、一日に2本アップすることになりました。

> 違う意味で「すごいなぁ!」と映ったのでした・・・。笑

すごい点では同感です!

> でも、この映画結構好きです。

ここまでやってくれれば、爽やかです。
しまいに火星が地球そっくりになっているのには、感心するばかりです。

また、気になる映画がありましたら、コメントください。

お体にはお気をつけください。(お互いにですが)
まだまだ寒さは続きます。


EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: