プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

フランケンシュタインの逆襲 1957

franken.jpg

ホラーがダメなわたしでも、イギリス・ハマーフィルムのホラー作品は面白いということは以前から聞き及んでいた。
出来もすこぶる良いという噂である。
実は「フランケン・シュタインシュタインの逆襲」がいつの間にかわたしのDVDの棚にも隅っこに入っていた。
邦題やジャケットのキッチュさからして、先日観た「女子ーズ」的なコミカルさを感じていたので、怖いではなく面白味を期待して持っていたのだ(恐らく)。

シリアスな大作ながら、「第七の封印」はユーモアにも溢れていた(特に死神や役者に)。
こっちの面白怖いであろう作品はどのような仕上がりか。
名作「フランケンシュタイン」が時を経てどのように描かれているのか、時間がどうにか取れたので寝る前に観ておくことにした。


夢には出てほしくはないな、と思いつつのっけから時代を感じさせるオープニング映像と音響である。
出たーという感じであったのだが、物語に入り込むにつれ、かなり緻密で至極真面目な流れである。
少なくとも笑える場所など見つけようもない。

話はどうやら博士と共同研究者とのシリアスな愛憎劇が主軸となって展開し、怪物は出るには出るが印象に薄い。
勿論、怪物あってのふたりの葛藤・困惑・対立なのであるが。
登場人物の心理ドラマがよく描かれていて、怪物は禁欲的に要所要所で出番を待っている。
彼が自由気ままに暴走してそれに引っ張られて物語が膨らんでゆく、勢いに任せた話ではない。
想定内のお出かけはするが、枠がしっかりしている。

こんな真面目な映画を観るつもりはなかった。
しかも文学的な香りはなく、単なる怪奇・恐怖劇でもない。
怪物も腕力はあるが危なっかしく意外に脆いし。
ジェイソンが顔を出したら立場はない。
科学的探求からいつしか怪物を自分の手で作るんだという悪趣味な拘りで暴走してゆく博士と倫理観あるこの映画唯一の良心とも言える協力者との葛藤は、確かに迫真の演技で見応え十分だが、そこだけではキツイ。
なのに最後まで目を離せない映画なのだ。


テクニカラーによるキッチュな総天然色画面は、この映画独特の魅力である。
このアーティフィシャルな色彩はクラシックな実験室に禍々しさと郷愁満ちる絵を与えている。
効果音はさすがにその頃を偲ばせるものであるが、この映画の演出には、ピッタリであった。
死者から体のパーツを切り取ってきては、繋げてゆくというMADサイエンティストにはこれしかない気が次第にしてくる。
映画の絵としての魅力、雰囲気がまずは要であることをここでも確認する。

そしてこれが元型としてその後のハマーフィルムの隆盛につながってゆくのか?
テレンス・フィッシャー監督、ピーター・カッシング、そしてクリストファー・りーのトリオのスタートでもある。
ひとつの形式を作ることはなかなか出来るものではない(日本では寅さんシリーズか?)。
さらにそれを商業的成功に結びつけることは容易いものではないはず。


怪物も見終わってみると、実に味がある。
単純なクリーチャーではない。
存在の仄暗い厚みが感じられる。
他の人々が明瞭な設定で描かれていて、彼だけが曖昧で危うい場所を揺れ動いてゆく。
行動範囲も限られており、茂みを分けてそっと俔う表情など可愛げしかない。
足場の悪い屋上でついに彼は滅びてしまう。ペーソスあふれる場面である。
この落下シーンこそ映画の極みかと思うと、幾つもの名場面が思い起こされてくる。
知らずに名作を観ていたのか、、、と最後に味わう映画であった。

わたしとしたら、「闇のあとの光」よりこっちのほうがよい。
しかも向こうのほうがずっとどぎついドッキリホラーだった。


マンガの「怪物くん」のヒトのよいフランケンはここから生まれてきたと思う。
おまけにフィギュアでも人気がある。
家を掃除していると、どこからか一体くらい出てくるものである。
ウチでもゼンマイじかけが発掘された。
(女の子の家では無理だろうが、、、)







関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界