PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

四月物語 ~松たか子

matsu takako

加藤和彦さんが出ています。
何の役でしょう?
大学教授でしょうか?
懐かしいですね。
一瞬の姿ですが、ここに記録されて残ります、、、。


大学に入学したばかりの松たか子演じる卯月の身の回りの些細な出来事をピンナップした清涼感に満ちた映画です。
彼女の仄かな恋心が描かれていますが、淡々とした静かな描写に波を立てるほどではありません。
幾つかのエピソードが優しく綴られてゆくだけです。

本屋を充たす空気が知らず自分の中にも流れ込んでいます。
彼女のサークル活動には、その頃の自分の体温を感じます。
土砂降りの雨が何故だか古い自分の記憶を幽かに刺激してゆきます。

ほんのちょっとの劇中劇には思わず見入ってしまいました。
(もったいないほどのキャストを使い、、、。)

しかし切れ切れのはなしは、ふっと途切れます。
すべてが。
そういうものでしょう。

四月物語ですね。

何か気配が充満していて、もの苦しさとときめきが綯い交ぜになった
ものごとの始まるいっときのおはなし。

でもそれは、あっという間に終わります。
そして二度と戻らない。

でも、そういうものでしょう。
世の中のすべては。

一陣の風です。


松たか子さんの初々しい存在感は「初恋のきた道」でのチャン・ツィイーに勝るとも劣らないものでした。


松たか子さんのPVのような気もしてきますが、、、。
今は、「アナ雪」の歌唱力でも注目されていますね。
初主演だそうです。(この姿はここに記録されて残ります、、、)
そう、監督は岩井俊二
いかにもという映像と音楽です。



今日は気持ちが重い。冴えない。ツイテイナイと気分の滅入ったときには、このような映画がカンフルとなりましょう。
(しかし、どこか無常-nostalgiaを感じてしまうのはわたしだけでしょうか?)

関連記事

COMMENT

だいじょうぶ?

>今日は気持ちが重い。冴えない。ツイテイナイと気分の滅入ったときには

いつもGOMAさまを想います。
病と闘うGOMAさまを。
そして祈ります。

”四月物語”
数年前に観たのですが
僅かな痛みを含む優しい光のヴェールに
包まれた”作品だった・・・かと。

本屋さんの描写が
美しくて
愛おしくて
幾度も巻き戻して観ましたっけ(笑

好きなひとで
大学を決めちゃう
その一途さ
堪りません(笑

松たか子さんのご家族総出で
上京を見送るシーンは
リアルすぎましたね^^

画廊前でのシーン
”君のアイデアで良かったんだよ
他に傘はなかったから・・”
といった意味合いの科白が
確かあの映画の最後の言葉だったように
記憶しているんですけれど
ほんとうにさりげない言葉ですけれど
なんだか胸に残ってます・・・。

今日のエストリルのクリスマスローズは
何もできない私から
GOMAさまへの
ささやかなお見舞いにさせて下さいね・・・。







追記

画廊前で傘を貸されていた紳士
加藤さんて呼ばれていたような
さりげなく大切な役所なので
よくわからないんだけれど
もしかして
実名の出演かと(..*)

いつもありがとうございます

>
> いつもGOMAさまを想います。
> 病と闘うGOMAさまを。
> そして祈ります。
>
ブログをしていて良かったと思います。
ありがとうございます。
ただ、明日も病院のため、お返事が遅れることも、、、どうかお許し下さい。
>
> 本屋さんの描写が
> 美しくて
> 愛おしくて
> 幾度も巻き戻して観ましたっけ(笑
>
わたしも本屋のシーンは共感するところです。
本屋通いはよくしました。

神保町は全店みるぞ、とか意味もなく勢い込んでまわったこともあります。
これは全く風情がないですね(笑
>
> 今日のエストリルのクリスマスローズは
> 何もできない私から
> GOMAさまへの
> ささやかなお見舞いにさせて下さいね・・・。

ありがとうございます。
大変共感しました。
また楽しみにしています。

Re: 追記


> もしかして
> 実名の出演かと(..*)

そう言えば、そうですね。
加藤さんって言っていました(笑

あの映画は別の意味で、貴重なデータです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
出来ればパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: