プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。
友人から、お前はトマトか?と聞かれたので、だいぶ前に使っていた写真に戻します。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンダー・ザ・スキン 種の捕食

under the skin
Under the Skin
2013年
スイス・アメリカ・イギリス

ジョナサン・グレイザー監督・脚本
ミッシェル・フェイバー『アンダー・ザ・スキン』原作

スカーレット・ヨハンソン 、、、地球外生命体
ポール・ブラニガン 

見始めて15分程度で止めてしまい、10日間ほったらかしにしていたものを、今日観ました。
退屈だったから止めたのではなく、ホラーかもと想い、見ないことにしていただけです。

続きから最後まで観ました。
これは、ホラーでも何でもない映画です。
SFでも、ないです。

徐々にこちらも自らの身体性をずらしてゆき、エイリアンの主体で体験する映画-トリップです。
こういう体験は必要です。

自分の見方、自分の感じ方、身体性その透明性を異化すること。
こちらがエイリアンに乗り移るように感じてみること。

何故か気づいたらその場所におり、自然に捕食行為をして生きていたら、異形の者と出会い、ヒトその捕食対象に興味・関心を抱き始める。自分の擬態したその顔・体をしげしげ観て、ヒトとして試しに生きてみる気になった。いろいろ生理的に無理はあったが今は相手を尊重?しつつ関わってゆく。ところがその交わりを深める中で、受け容れがたい違和感を感じ、こりゃだめだわ、と混乱し逃げ出した矢先に滅ぼされてしまう。

エイリアン-わたしにとっては災難でした。

、、、という主体-視座をずらして極めて居心地悪い、目眩を覚えながら体験するトリップです。
音楽は効果音的音響でマッチしていました。
風景も殺伐として終始どんよりと曇った奥行を感じる光景でした。

エイリアンを内面化する意思-スイッチを入れるかどうか、こちら次第の映画でしょうか?

このタイプは、わたしにとって、はじめての映画です。

これが中国に渡ると、あやかしの恋へと再生されそうな気がします?!

昨日、この映画をホラー扱いにしたのは、誤りです。
とは言え、エイリアン(わたし)側からは、ホラーだと思います。









関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp