プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アイデンティティ

identity.jpg

文章を書くときは「わたしは」という主格をもって書いて(打って)ゆくが、当のわたしは、文章の整合上、主格を置いているに過ぎず、「わたし」をことさら意識したことはない。
日常生活のなかで、主格は特に意識しないと現れない。
その時も、限定条件の上でだが。
少なくとも、考えている時は全く、存在しない。

こうして文章を綴っていて、いちいち「わたしは」と断っていくのが、つくづく鬱陶しい。
(自分は、と置き換えてみると少ししっくりしてくるのだが、ここでは深入りしない)

実際、「わたし」は、何かその時のコンテクストにあって限定付きでの「わたし」に過ぎず、ただわたしと言ってしまったら、ぼんやり放けてしまうだけである。
純粋に「わたし」という時、「考えるわたし」など残らない。
「考える」は純粋に「考える」という持続する運動であり、そこにわたしの介在する余地はない。

取り敢えず、このわたしは日常生活を無意識的・自動的に送っており、「このわたし」は、反省的思考により意識上で記憶(時間的な空間性)により非連続的連続性をもって保持されてはいる。
しかし覚束無いありかたで。

本当にそれがわたしの仕業か、と聞かれたら確証のもてないことが少なくない。
知らず物を運んでたり、置き忘れている。
意識はチェックし損ねている。いや、単に忘れたのか。

そう、記憶はたちまち消え去り、飛んでおり、遥か昔の少年期の光景を鮮明に表象する。
時間ー意識の覚束なさ。
この実相をノスタルジックに克明に描写しているのが、タルコフスキーか。

存在とは、無意識の問題と言える。
この身体である。
感情や記憶の乖離、そして断片化とは、無意識ー身体性の破壊を意味するはずだ。

大きな衝撃によって気を失うとかある期間、離人症的に籠って過ごすといった防衛反応ではなく、修復不可能なほどの耐え難い圧力(暴力)を恒常的に浴びれば、記憶ー意識や感情それを維持する無意識ー身体はバーストしてしまう。

乖離した記憶・感情が何によってまた新たな有機的構成がなされるのかは、わたしは知らない。
しかし、現に解離性同一性障害という事例はあり(この映画で初めて知った)、複数のわたしが、おのおの好き勝手に主体的な行動を始めてしまっては、たまったもんじゃない。しかしそう感じるのはどのわたしだ?
支配的・超越的またはそれらを包含するわたしなしに、誰がそれを感じることができる?

お互いに意思疎通もない、それらのわたし。
これほど放置して恐ろしいものはない。
まさにキメラだ。

しかし自分に、それが起きているかどうか、原理的に自分の内省だけでは確認しようがない。
今現在、わたしがキメラかも知れない。


そう言えば、その痕跡、影が感じられる。



関連記事

COMMENT

おはようございます☆

GOMAさま
>原理的に自分の内省だけでは確認しようがない。
此処なんですね
確認できる範囲でなら
ひとは幾つかの側面
併せもっているようなところありますものね
決してひとつなんかではない筈だと・・・
ですので
やはり
解離性同一性障害が
起こりうる要素と謂うのは
誰しもが持ち合わせているのかもしれませんね。

それにしても
このプロット
その発想力には驚かされました。

この映画凄いですよね

まったく仰るとおり、ビックリしました。
この映画は、通常ホラーの棚に並べられていますので、ホラーに興味のないわたしは通り過ぎてしまいます。
サイコサスペンスとか言いますが、そういう枠は邪魔にしかなりません。

これは多分、隠れた名作ですね。
救いがないのが苦しいですが、ブレードランナーや第9地区とも肩を並べる、アナーザープラネットくらい意表を突く映画だと思います。

ただ、ブレードランナーのように何度も見ることは無理です。



EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: