プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

九品仏〜フルーツティーの想い出

2014103118034592d.jpg
九品仏周辺の思い出〜フルーツティー

なないろ文庫不思議堂はまだあるのか?
最近とんと、等々力〜九品仏あたりに足を運ぶ機会が無く、もう何年行っていないか。少なくとも6年は空白があると思われる。

ふと脳裏に立ち現れる、思い出深い所が幾つもある。
九品仏だと、ウェルバン。自由が丘美術館。なないろ文庫不思議堂。
まだあるが、このへんが私にとっての代表格だ。

ウェルバンで教わったフルーツティーは是非とも自分の手で復活させたい。そもそも店は今どうなっているのか、知りたい。
勿論、売りはそこでしか飲めないフルーツティーであるが、他の紅茶も美味で、トーストもここでしか食べられない絶妙な風味と食感があった。更にその日のオススメ手作りケーキがたまらない美味しさであった。
店内はいつも品の良い老夫婦がアジアの各国を回って収集した置物やレリーフなどが適度なローテーションで飾られていた。
1番の想い出は、平日の午前に取って置きのお洒落な窓辺の席につき、柔らかい木漏れ日の中で時折、外でキラキラ風に揺れるハーブを眺めながら、深く甘酸っぱいフルーツティーを堪能した日である。
巨峰のブランデーのたっぷり染み込んだ芳醇な甘酸っぱさがまた格別だった。わたしはそこのフルーツティーの具は、マンゴー以外は全て食べてしまったものだ。
平日の午前のゆっくり流れる貴重な時間であった。

フルーツティーの作り方は夫人に教わった。
北海道からわざわざ作り方を聴きに来ている人もいたっけ。
その人が持って来たハーブが庭のスペースの大きな面を覆っていた。
勿論、そのハーブも使われていた。
また、作るか。
沢山甕が必要だ。

なないろ文庫不思議堂は、神田に行ってもタイミング的に手に入らなかった本が幾つも買えたところだ。
小さな古書店であったが、不思議にわたしがあるといいなと思っている本が置いてあった。西洋の没落や擬場とその周辺、長新太のマンガも欲しいものが、すぐ手に入った。遊の第1期のもの、21世紀精神の始めの装丁もの。パイディアの幾つか、諸星大二郎特集で彼の書斎の写真の載っているムックなど、、、。
少し高かったがお得感があった。
1番の想い出は、下敷きである。
何故か下敷きが欲しくなり、というか必要になり、下敷き、下敷きと念じながら文房具店ではなく、不思議堂に行ったら、ダンボール箱一杯に詰まった下敷きが置いてあった。これまでにその書店でそんなもの見かけたことなどなかったのだが、何故かその時はSF系のマンガの絵柄の下敷きが、ぎっしりであった。絵柄が何であるかは分からなかったが、結構気に入った。
50円であった。その下敷きはその後かなり長く使うことになる。

自由が丘美術館は、リューベンスの銅版画を中心とした版画美術館だ。一時期、かなり足繁く通ったが、その間、絵が入れ代わったことは一回だけだった。オーナーがヨーロッパ旅行で収集した作品だそうだ。
ある時期から、私と同じくウェルバンの店主から作り方を教わり、暖簾分けされたようで、正式に直伝のフルーツティーを同じような形で出し始めた。
ウェルバンがなにぶん老夫婦経営ということもあり、4時頃には閉めてしまうため、フルーツティーが飲みたい場合、そこで飲むことが出来るようになった。
しかし、お味はまだまだ本家には及ばなかった。その後どうなったか分からない。わたしはその開きがかなりあったのでフルーツティーを飲みに行くことはなくなった。
しかし雰囲気はとても良いところで、まるで隠れ家的な美術館とも言え、友人をかなりつれていったし、紹介をしたものだった。みな感想は良好だった。

お隣の自由が丘など、通っている最中に、店が無くならなくとも、どんどん変わっていったものだ。

とりわけ雪の九品仏はとても素敵な場所だった。
そろそろその季節になる。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加




関連記事

COMMENT

No title

ウェルバンの記事を偶然見つけ、懐かしくなりました。
美しく美味しいフルーツティやウバのミルクティ、当時としてはまだ珍しかった、ウォーマーまでガラスのティーセット、美しい庭、各国をお仕事で回られたときに集められたというお店に飾られてあった品々、居心地のいいお店、品のいいご夫妻。若いワタシにもとても優しくお声をかけてくださいました。

地元九品仏を離れ、10年位前久しぶりに訪れるとお店は閉店していました。茫然と立っていると「何か御用ですか?」とお声をかけてきた買い物帰りのご高齢のご婦人が。ウェルバンのご婦人でした。「あの・・紅茶のお店のウェルバンさんに・・」すると思いのほかそっけなく「もう閉店したんですよ」のお返事が。オープン当時より足しげく通ったこと、お店が好きだったこと、ご主人はお元気なのかな・・いっぱい話しかけたかったけれど、ワタシのことはお忘れのよう(相当昔で私も変わっているでしょうから当然ですが)だったのが、ちょっぴり子供みたいにさみしく思ってしまったのと、お疲れのご様子だったこともあり、言葉を飲んで会釈をして離れました。

閉店してしまったのはさみしいけれど、あの素敵な時間をすごせたことや、こうやってワタシと同じ思い出を持ってらっしゃる方がいることに嬉しくなりました。自由が丘美術館、なくなってしまったのですね。のれん分けしたと知っていたら行っておけばよかったです・・・それでは、長文コメント失礼いたしました。

ありがとうございます

> ウェルバンの記事を偶然見つけ、懐かしくなりました。
ありがとうございます。
ウェルバンをご存知の方のご訪問、大変嬉しく思います。

> 地元九品仏を離れ、10年位前久しぶりに訪れるとお店は閉店していました。

寂しいものです。
九品仏はわたしも大好きな場所です。
よく散歩に行きました。(等々力にいたものですから、、、)

ちょっぴり子供みたいにさみしく思ってしまったのと、お疲れのご様子だったこともあり、言葉を飲んで会釈をして離れました。

ご主人が亡くなられ、ご婦人一人でとても元気に続けられていたのですけど、、、。
フルーティーの作り方を教わりにも行きました。懐かしいです。

自由が丘美術館に関しては知りませんでした。もうなくなってしまったのですか?!

だんだんひっそりと佇む文化が知らぬむちに消え去っている気がします。
財力たっぷりの大手だけが、どこへでも進出してきて、味気なくなってきました。

わたしもおかげさまで、一時とても良い昔の思い出に浸ることが出来ました。
ありがとうございます。

また、是非ともご訪問ください。
心よりお待ちしております。

こちらこそ

自由が丘美術館は昨秋閉館したそうなんです。さびしいですね。
実は最近気分が沈んでしまうようなことが続いてしまっていたのですが、GOMA28さまの記事やコメントが懐かしく美しい情景をいくつも思い出させてくださり、そのことが私を少し元気にしてくれました。私が思う以上に、大切な思い出だったのだと思います。
本当にありがとうございました。
また来ますね。

Re: こちらこそ

> 自由が丘美術館は昨秋閉館したそうなんです。さびしいですね。

あそこはわたしにとって、隠れ家的な場所でした。
当時大切な友人も数名、紹介しましたものです。
ちょうど子供の頃の秘密基地ですね(笑

館内から見える、テラスの日の差し具合が絵画ともマッチしてそれは素敵な空間でした。
時間の流れが明らかに違いましたね。
リューベンスの銅版画が多かったですが、もっと古い時代の版画もかなり展示されていました。

そのすぐ近くにも、美味しいパン屋さんや花屋さんがあって、帰りに買って帰ったり。
勿論、美術館でフルーツティとクッキーでまったり過ごすことも多かったです。
太陽の柔らかな温もりとティーの醸す濃厚で甘やかな香りに酔いながら九品仏を散策して帰ったものです。


そういう場所があれば、情報など教えていただければ、と思います。
宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp